夏風邪について

今日は夏風邪のお話です

夏にひく風邪は夏風邪…と、思いがちですが、夏風邪の原因となるウイルスは、
冬に多いウイルスとはまったく異なり、症状も違います。

夏風邪の原因ウイルスの特徴

一般に風邪のウイルスは、低温で乾燥した環境を好みます。
冬の風邪の原因となるコロナウイルス、RSウイルス、また、インフルエンザウイルスなどです。

それに対して、一部のウイルスは高温多湿の環境を好み、夏に活動的になります。
その代表がエンテロウイルスやアデノウイルスです。
発熱、腹痛、下痢、喉の痛みなどの症状があります。喉の痛みから、
食べ物や飲み物がノドを通らなくなることもあります。
その結果、体力が低下して夏バテの原因にもなりかねません。

夏風邪は、症状が長引きやすいので、対処法や予防法をしっかり知り、
こじらせないようにしましょう。

では、夏風邪は対処すればいいのでしょうか。

早めに受診して、適切な薬を処方してもらうことが大切です。

また、下痢から脱水症状を引き起こすことがあるので、水分を多めに摂取しましょう。
食事は、おかゆや野菜スープなど胃腸にやさしく、ノドの通りの良いものを摂るようにしましょう。

夏風邪は、日常生活のなかのちょっとした心がけで予防することができます。
夏風邪の場合は経口感染が多くみられるので、手洗いやうがいを心がけ、
とくにトイレや洗面所など、タオルの使いまわしは避けましょう。
また、免疫力の低下も、夏風邪の原因の1つです。炎天下での運動や外出、
あるいは睡眠不足や不規則な食事が続くと、免疫力の低下を招きます。

そして、夏風邪と関連して注意したいのが、手足口病です。
ニュースで今年の流行をご覧になった方もいるのではないでしょうか。
手や足、背中などに水泡ができる病気で、口の場合は口内炎がよくみられます。
夏風邪とつながりのある複数のウイルスが関係しています。
以前は子どもの病気と思われていましたが、最近は大人への感染も報告されています。
子どもの場合は、ほとんどが軽症で済みますが、大人の場合は長引くこともあります。
大人の手足口病は、ほとんどが子どもからの感染です。
したがって夏風邪、手足口病の症状のある子どもがいる家庭は、十分に注意しましょう。
食器やタオルは共用せず、咳やくしゃみが出ている場合はマスクで感染を防ぐことも大切です。

まだまだ暑い日が続きますが、頑張りましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健師

投稿者プロフィール

看護師として病棟勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験、また、現在訪問企業で実施している業務からヒントを得て、皆様が知りたいことをお届けしたいと思います。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、養護教諭一種
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る