肥満遺伝子の影響

今日は肥満遺伝子についてのお話です。

人種や体質によって、太りやすい人と、そうでない人がいるのは、ご存知かと思います。
実際に肥満と遺伝子の間には密接な関係があり、
「FTO」と呼ばれる遺伝子が肥満を引き起こす原因のひとつであるといわれています。

「脂肪・肥満関連(FTO:fat mass and obesity associated)遺伝子」の変異があると、
新陳代謝が抑えられ、エネルギー消費効率が低下し、
食欲を抑えるための機能が働きづらくなり、特に高カロリーの食品を好む傾向が強くなります。

FTO遺伝子の変異をもっている人は、肥満になる割合が70%上昇し、
全人口の6人に1人がFTO遺伝子変異をもっていると考えられています。

FTO遺伝子変異のある人では、
「食欲ホルモン」であるグレリンの異常が起こりやすいことが明らかになっています。
「グレリン」は胃から分泌されるホルモンで、
食欲亢進や脂肪蓄積などの生理作用があり、肥満やメタボリックシンドローム、
2型糖尿病など、さまざまな疾患に影響しています。
通常はグレリン値は食前に上昇し、食後に低下しますが、
FTO遺伝子変異のある人ではグレリン値が上昇しやすく、
食後も低下しにくいので、空腹感を感じやすいことがわかりました。

英ユニヴァーシティ カレッジ ロンドンなどの国際研究チームは、
FTO遺伝子が肥満をもたらすメカニズムを、脳機能イメージングを使い解明する研究に取り組んでいます。
研究チームは24人の被験者を対象に、
脳の活動を画像化して診断する「機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)」を用いて実験を行った結果、
FTO遺伝子変異のある人は、食品の写真を見ただけで視床下部に反応があらわれ、
高カロリーの食品であるほど、刺激が強くなることが証明されました。

しかし、FTO遺伝子の変異がある人でも、肥満の遺伝要因のある人でも、
生活習慣病を改善すれば肥満を予防・改善できることが、さまざまな研究で明らかになっています。

FTO遺伝子の変異による肥満体質の人でも、ウォーキングやランニング、
サイクリングなどの運動を続けたり、健康的な食生活を送ることによって、
グレリンの量を減らすことが出来ることが証明されています。
具体的には、ウォーキングをしたり、ジムに通ったりするだけでなく、
イヌの散歩や自転車での通勤、階段の利用など、
1日1時間の運動を週5日実施することで、肥満の遺伝的要因の影響を下げることが出来るそうです。

肥満遺伝子を持っている人は、
肥満になりやすいことは事実ですが、必ず肥満になるわけではありません。
運動習慣や食生活の改善などの工夫をすれば、
肥満遺伝子の影響を受けず体型を維持することが可能です。

「体質だから。」とあきらめる前に、少し生活習慣を見直してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る