40歳以上の女性は要注意!甲状腺の病気

今日は、特に40歳以上の女性に多い病気『甲状腺機能低下症』について
お伝えしたいと思います。

甲状腺とは???

甲状腺は、のどぼとけの下の辺りに、張り付くような形でついている小さな臓器です。
蝶のような形をしており、重さは20~30gと小さな臓器ですが、
この臓器が出している『甲状腺ホルモン』は、
全身の代謝を活発にする、車のアクセルのような大切な役割を持っています。
o0250034212654643837
<画像引用元:名古屋大学医学部付属病院 乳腺・内分泌外科HPより>

甲状腺機能低下症とは???
上記で説明した甲状腺の働きが、何らかの原因で低下してしまった病気のことを言います。
最も多い原因は、「慢性甲状腺炎(橋本病)」という、甲状腺の細胞が壊れてしまう病気です。
非常に頻度の高い病気で、女性の10人に1人かそれ以上の頻度とも言われています。
不妊の原因になることもあります。

症状:
昼夜を問わない眠気、だるさ、記憶力や計算力の低下
皮膚の乾燥、むくみ、無月経など
※眠気やだるさ、記憶力の低下などから、うつ病と間違いやすい病気です!!

検査・治療方法は???
受診先:内分泌内科もしくは内科
検査:採血で、甲状腺ホルモンの値を調べます。
   健康診断でコレステロールの値が高くなったことがきっかけで見つかるケースもあります。
治療:甲状腺ホルモンの薬を服用します。定期的に受診をして、数値が回復すれば薬が
   なくなることもあります。

甲状腺機能低下のチェックリスト
□温かい部屋や夏でも汗をかかなくなった。
□寒がりになった。
□声がかすれることがある。
□皮膚が乾燥している。
□便秘である。
□体重が増えた。
□肌がかさかさして、きめが粗くなった。
□服を脱ぐなどの動作が億劫になった。
□目の周りがむくむ。
□記憶力が落ちたと感じる。
□皮膚が冷たくなった。
□耳が聞こえにくくなった。
□手足にしびれがある。
※※上記に6つ以上当てはまるものがあれば、受診をしてください!!※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中村 眞弓株式会社ドクタートラスト 保健師

投稿者プロフィール

企業での健康相談や産業保健の経験を生かし、「じっくり聴く・しっかり考える」保健師を目指しています。社員の皆様・人事の皆様と一緒になって企業の健康を支えていけるよう頑張ります。
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る