栄養ドリンクとエナジードリンクってどう違うの?

まだまだ、暑い日が続いていますが、体調はお変わりないですが?
今日は、「チョット夏バテ気味かな?」と思った時に、
飲むこともある、『栄養ドリンクとエナジードリンクの違いについて』です。

栄養ドリンクとエナジードリンクの違い

最近では、エナジードリンクという言葉もだいぶ浸透して来ており、コンビニなどでもお洒落な缶が並んでいますよね。
瓶に入った栄養ドリンクリポビタンDラベルを飲んでいるよりも、
お洒落な感じがするエナジードリンクですが、見た目のデザインが違うだけではありません。
栄養ドリンクは、医薬部外品エナジードリンクは、清涼飲料として扱われます。

エナジードリンクは、成分や効能表示面で制約を受ける為、タウリンなどの効果の高い成分は入っていません。
疲労回復に効果のある、ブドウ糖、ビタミンやカフェインなどの成分が主になります。

一方、栄養ドリンクは、ブドウ糖やビタミン、カフェインなどの他に、タウリンや生薬などの成分が含まれています。
タウリンの一般的な効果は肝臓の機能を高め、血液中のコレステロールを下げてくれます。
生薬は、ニンジン、ローヤルゼリー、イカリ草などが主で強壮強精、食欲増進などの作用があります。

つまり、効果的な部分に関しては、エナジードリンクよりも栄養ドリンクの方が期待できます。
しかし、軽い疲労回復効果であればエナジードリンクでも効果があります。

栄養ドリンクもエナジードリンクも、100mlあたりのカロリーは50~60kcalとなっていますので、
カロリー的には大きな違いは無く、摂取量によってカロリーが変わってきます。
栄養ドリンクであれば、100ml程度の量が多く50~60kcalとなり、
缶に入っているエナジードリンクであれば、200ml弱で100~120kcalとなります。
飲みすぎるとカロリーの過剰摂取につながることもありますので、注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  2. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

  1. 他人ごとだと思っていませんか?若年性認知症
ページ上部へ戻る