睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群についてのお話です。

文字どおり、眠っているときに無呼吸状態になる病気で、
SAS (Sleep Apnea Syndrome)とも、呼ばれています。

1日にだいたい7、8時間睡眠をとるとすると1日の約1/3、つまり人生の約1/3は眠っていることになります。
睡眠は日中の活動で疲れた体と脳を休息させるためのとても重要な時間帯です。
十分な睡眠がとれない状態が続くと、疲労感が増すだけでなく、さまざまな悪影響を及ぼすようになります。

睡眠中に呼吸が止まるような事が繰り返されると、体内に取り込まれる酸素の量が少なくなり、
様々な臓器に障害をもたらします。日中に眠くなり活動が低下するなど、日常生活にも影響を及ぼすようになります。

無呼吸状態とは、呼吸が10秒以上止まっていることを指し、
この状態が7時間に30回以上、あるいは1時間あたり5回以上あると睡眠時無呼吸症候群(SAS)となります。
また肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を合併するケースが多いといわれています。

2003年2月に山陽新幹線で起こった列車緊急停止事故をご存知の方もいらっしゃるでしょうか。
乗客を乗せた新幹線が、運転士が眠ったまま高速で走り続けました。
原因が睡眠時無呼吸症候群(SAS)による居眠りと分かり、社会に大きな衝撃を与えたのでした。
これは、電車に限らず、タクシーやトラックの運転手、飛行機や船の操縦士などあらゆる交通機関にかかわってくる問題です。

また、仕事での会議中や学校での授業中など、重要な時間であっても強い眠気に襲われたり、
居眠りをしてしまったり、仕事や勉強への意欲が低下してしまい、睡眠時無呼吸症候群(SAS)はまさに、社会的な問題となる病気なのです。

SASは太った人に多い病気と思われがちですが、
日本人など東アジア系の人間ではやせていてもアゴが小さいなどの顔の特徴から、SASにかかる人が多くみられます。
太っていないからと関係ないと判断するのは禁物です。さらに狭心症などの虚血性心疾患や心不全、
肺の病気などにかかっていると、SASを悪化させるといわれています。

みなさまも気をつけてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健師

投稿者プロフィール

看護師として病棟勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験、また、現在訪問企業で実施している業務からヒントを得て、皆様が知りたいことをお届けしたいと思います。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、養護教諭一種
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  2. 【動画あり】「コロナかも」従業員が激増!会社はどう対応する?~コロナが疑われる従業員、休ませた場合の手当は会社が支払うべき?~

  3. 【動画あり】健康リスクが高い業種は?685の企業・団体のストレスチェックデータを徹底分析!専門家がわかりやすく解説します!

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る