精神障害の際の過労による労災が認められる基準

最近、ニュースなどでも精神障害の際の過労による労災問題が取り上げられることが増えてきましたが、
精神障害の際の過労による労災認定にはどのような基準があるのでしょうか?

厚生労働省が定める精神障害の労災認定基準によると、精神障害の際の過労による労災が認定されるための
要件は以下の3つ
です。

(1)うつ病などの対象疾病を発病していること

(2)対象疾病の発病前おおむね6か月の間に、業務による強い心理的負荷が認められること

(3)業務以外の心理的負荷および個体側要因により対象疾病を発病したとは認められないこと

特に(2)の長時間労働による心理的負荷は重視されます、おおむね以下のどれかに当てはまる場合、
原則として労災認定されることになっています。

(A)発症直前の連続した2か月間に、1か月あたりおおむね120時間以上の時間外労働をしている

(B)発症直前の連続した3か月間に、1か月あたりおおむね100時間以上の時間外労働をしている

(C)発症直前1か月に160時間以上、発症直前3週間におおむね120時間以上の時間外労働をしてい る

(D)配置転換など業務上の出来事(精神障害の労災認定基準でいうところの「中」と評価できるもの)の
前後100時間程度の時間外労働をしている」

実際に過労自殺などが発生してしまうと企業の社会的信用も失われてしまいます。
まずは、時間外労働を減らすのが一番ですが、繁忙期などどうしても時間外労働が増えてしまった場合は
産業医の面談等 をしっかり行い大きな問題になってしてしまう前に対応することが大切です。

精神障害の労災認定基準についてリーフレットは下記よりご覧いただけます。
↓こちらです
精神障害の労災認定(PDF)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  2. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る