専属産業医について

専属産業医について

産業医には、常時50~999名までの事業場に毎月1回以上訪問する「嘱託産業医」、1000名以上の事業場に
常勤している「専属産業医」の2つがあります。

Q.専属産業医とは何ですか?

A.企業様専属の産業医のことです。

専属産業医は「常勤」でなければなりません。

しかしながら、病院等に勤務する日本の医師の勤務体系は、一般的に、主たる勤務先(病院)には、週4日の勤務が
普通です。

ほとんどの医師は、週1日は、大学の先輩などが経営するクリニック(開業医)などでの非常勤勤務をしています。

主たる勤務先をお休みできる日のことを、「研究日」もしくは「研修日」などといい、医学会では、医師の医療技術の
領域を広める意味からも、他の勤務先で働くことを奨励しています。

医学会の慣例上、「研究日制度」があることから、専属産業医にも「研究日」を設けるケースが多く、大半の産業医は
週3.5日~4日勤務です。

選任の条件

常時使用する労働者数が1000人を超える事業場(有害業務については、常時500人以上)では、労働者の健康管理等を実施する「専属産業医」を選任させなければなりません。

時々、専属産業医が他の企業で委託産業医を兼任したり、他のクリニックなどで勤務(アルバイト)していることについて、問題はないかとお問合せがございます。

上記でも少し触れましたが「研究日制度」が医師会の慣例で存在します。どんどん学会や、他の医療機関に出向いて、情報交流や腕を磨くように、

という意味合いがあります。実際に専属産業医として契約している医師は、週4日は産業医としての活動を行い、
あとの1日はクリニックでアルバイトしている。と云う勤務形体の先生が圧倒的に増えています。理由としては、週5日分の報酬を企業側が用意出来なくなっていることが背景にあります。

ただし、法律上は週5日勤務が原則であることを忘れてはいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
藤原 実

藤原 実株式会社ドクタートラスト 大阪支店

投稿者プロフィール

ドクタートラストに入社後、早7年。業種規模問わず、さまざまな企業に訪問させていただいております。それらを踏まえ、アドバイスをさせていただきます! 産業保健についてより身近に感じていただけるよう、肩の力を抜いて情報をお届けします!
【保有資格】健康経営アドバイザー
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る