間食のとり方

今日は間食のとり方についてのお話。
間食=太る、よくないなどのイメージを抱きがちですがタイミングや内容を工夫すれば問題ない。

間食のとり方を見直そう

食事をしっかりとらないと中途半端な時間にお腹がすいてしまうのでバランスの良い食事をとった上での+αの間食と考えよう。
また、食事の直前や就寝前は避けよう。

休日や仕事中の休憩には・・・
健康な人の1日の間食の目安量は約200Kcal で、ダイエット中であれば80Kcal程度を目安に。

具体的なものとしては、ビタミンもとれるフルーツ、食物繊維の多い寒天や蒟蒻などを使ったゼリー、油脂を使用していない焼きせんべいなど。

今は人工甘味料などを使用してカロリーを抑えたものがいろいろ出ている。
一緒に飲む飲み物はお茶やハーブティー、などカロリーのないものを選択しよう。

食べ過ぎを防ぐために

食べ過ぎないように小袋や食べきりサイズを選ぼう。
また大きい袋を残す場合は、残りを手の届かない所にしまおう。
出しておくとついだらだら食べてしまう。
低カロリーのものでもだらだら食べてしまうとカロリーが増えてしまう。
時間を決めてメリハリをつけよう。

間食を上手に取り入れて、健康的な生活を送ろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健師

投稿者プロフィール

看護師として病棟勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験、また、現在訪問企業で実施している業務からヒントを得て、皆様が知りたいことをお届けしたいと思います。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、養護教諭一種
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る