レモンの魅力

意外な効能

レモンには、誰もが一度は目にしている光景で、健康に関して意外なビックリ作用がある。
1番のイメージは、「すっぱい」という味覚ではないだろうか。
でも、“すっぱさ”=“酸味”もレモンを代表する大事な作用であり、魅力でもある。

その魅力とは

~クエン酸~
<主な効果>
※人間のエネルギーを生み出すための働きをサポート!
・疲労回復
・唾液、胃液の分泌促進→消化吸収促進
・食欲増進

~ビタミンC~
<主な効果>
※柑橘類の中でもレモンにはもっとも多く含まれている。
・強い抗酸化作用:紫外線やストレスなどで発生する活性酸素を除去し、からだが酸化することを予防する。
(体の酸化予防・ 病気や老化、肌トラブルも予防)

・コラーゲンの合成を助ける
※コラーゲン=からだの組織や細胞を結びつける接着剤のようなタンパク質のことである。
(血管や筋肉、骨を丈夫にする・骨粗しょう症予防)

・血中のコレステロールを下げる

・抗ガン作用

・肝臓の働きを活発化:お酒のおつまみ、またはレモンを使ったお酒で、二日酔いを緩和する。

他にもさまざまな成分が含まれており、いろんな作用を持っていますが、代表的なものはこれらである。
唐揚げや、フライなどの揚げ物に、カットレモンが添えられている。
実は、あの小さな脇役のようなレモンが、このような大きな役割を持っているのである。
また、お酒についても、レモンサワーなどを選ぶようにすると、二日酔いになりにくいことも期待される。
※個人のアルコール耐性、飲むときのコンディション、飲む量にもよる。

ほんの小さな量でも、うまく取り入れてみると、とても効率的に栄養分がとれるのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る