予防接種について

今日は予防接種についてのお話します。

予防接種とは

予防接種とは、ワクチンを接種して、感染症を予防することです。
ある特定の感染症に対してワクチンを接種し、人為的に抵抗力(免疫力)をつけて、感染を予防します。

予防接種はあくまでも防衛手段のひとつなので、感染してからワクチンを接種しても遅いことがほとんどです。
さらに、接種から免疫が出来るまでは一定期間が必要なので、その期間に感染してしまうという可能性もあります。

また、免疫が出来ても感染する可能性はあります。
しかし、重症化を防ぐという効果は期待できます。
そのため、感染症予防において予防接種の効果は高いと考えられています。

また、予防接種の受け方には、定期接種と任意接種の2種類があります。

定期接種

国がある年齢幅を設け、「この期間内に予防接種を受けるよう努力してほしい」と勧めているものです。
定期接種には、BCG、ポリオ、風疹・麻疹(はしか)などがあります。
自治体からの補助があり、多くは無料で接種できます。

任意接種

任意で接種するか否かを決めるものです。
任意接種には、おたふく、水疱瘡、インフルエンザ(高齢者以外)などがあります。
自治体などで補助がある場合もあるが、基本的には全額自己負担です。

ワクチンの種類

生ワクチン

弱毒化した生きた病原体を利用します。
1回の接種で有効です。
例:ポリオ、風疹・麻疹(はしか)など

不活化ワクチン

病原体を殺したものをそのまま接種するものと、処理を加えて有効成分のみを接種するものがあります。
何回かの接種が必要です。
例:百日咳、日本脳炎、インフルエンザ

トキソイド

病原体が作る毒素を取り出し、無毒化してワクチンを作ります。
何回かの接種が必要です
例:ジフテリア、破傷風など

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健師

投稿者プロフィール

看護師として病棟勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験、また、現在訪問企業で実施している業務からヒントを得て、皆様が知りたいことをお届けしたいと思います。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、養護教諭一種
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  3. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る