機械災害防止について

機械の「調整の作業」、機械の運転停止義務の範囲に追加

機械災害防止のために平成25年10月1日から、機械の「調整の作業」が、機械の運転停止義務の範囲に追加されました(労働安全衛生規則第107条)

今回の追加により
・機械(刃部を除く。)のそうじ
・給油
・検査
・修理の作業
に加え、「調整の作業」を行う場合も、労働者に危険 を及ぼすおそれがあるときは、機械の運転停止が義務付けられます。

労働安全衛生規則第107条(掃除等の場合の運転停止等)

1.事業者は、機械(刃部を除く。)の掃除、給油、検査、修理又は調整の作業を行う場合において、労働者に危険を及ぼすおそれのあるときは、機械の運転を停止しなければならない。ただし、機械の運転中に作業を行わなければならない場合において、危険な箇所に覆いを設ける等の措置を講じたときは、この限りでない。

2.事業者は、前項の規定により機械の運転を停止したときは、当該機械の起動装置に錠を掛け、当該機械の起動装置に表示板を取り付ける等同項の作業に従事する労働者以外の者が当該機械を運転することを防止するための措置を講じなければならない。

機械作業中の事故から労働者を守るために、使用者の皆様には安全管理を徹底してもらうことが大切になります。

ご不明点があれば最寄りの都道府県労働局、労働基準監督署までお問い合わせ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る