衛生推進者とは

Q:産業医の選任義務のない50名未満の事業場ではどのように
衛生管理をしていけばよいのですか?

A:衛生推進者を中心に衛生管理をしていきます。

10名以上50名未満の事業場では事業場では、衛生管理者や産業医の選任は義務づけられてはいません。
しかし、そのような事業場では衛生管理を十分に行うことができないので、衛生推進者の選任が
義務付けられています

衛生推進者が担当する職務の例は以下の通りです。
・健康診断の受診を促す事、またその結果の管理する事
・照明の明るさや温度、湿度などの職場環境の整備する事
・インフルエンザなどの予防接種を促す事
・社員からの健康相談対応を行う事

特に健康診断結果は重要な個人情報なのでその情報を管理する
衛生推進者はとても重要な責務を担っています。

衛生推進者には、衛生管理者や産業医のように選任報告義務はありません。
しかし、事業者は衛生推進者を選任したときは、その者の氏名を作業場の見やすい場所に掲示するなどによって
関係労働者に知らせなければならないことになっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  2. 【動画あり】コロナでどう変わった?24万人のストレスチェック結果を1年前と比較してみたら意外な結果が…!

  3. 【動画あり】2022年6月施行「改正公益通報者保護法」を専門家がわかりやすく解説!退職者や役員も保護対象になる⁉

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る