インフルエンザ・・・かかってしまったら!?

10月になり、医療機関ではインフルエンザの予防接種の案内を見かける季節になった。

インフルエンザにかかってしまったら・・・

毎年、「予防接種したのにインフルエンザにかかってしまった」という声も聞かれるが、
予防接種は、“罹らないため”ではなく、
万が一罹ってしまっても“軽く済むように”との効果が期待できるものである。

予防接種を受けていてもいなくても、罹ってしまった時、重症化しないよう、
早めに医療機関を受診し適切な治療を開始し、十分に療養することや、
インフルエンザは人にうつる感染症なので、
「インフルエンザかな?風邪かな?」と診断前の怪しい段階から、
できるだけ外出や人との接触を控えたり、マスクを着用したりして、
自分から人へうつさない行動も、とても重要な対応である。

働く人々にとっては、長く休むことでお仕事への影響を心配されるという声もよく聞かれる。

例えば、会社などの組織の中で、インフルエンザが広がってしまい、
従業員の方が次々とお休みしてしまったら・・・・・会社が回らなくなる。

その点でも、罹ってしまった場合の正しい知識と適切な行動がとても重要である。

(※個人差があることが前提でのお話)

・インフルエンザは、突然38℃以上の高熱が出たり、関節痛、筋肉痛や風邪に似たような症状が出て発症する。

・しかし、ウイルスに感染してから、発症するまでに潜伏期間というものがあり、
この期間からすでにウイルスを排泄している。
(潜伏期間はおよそ1~3日であることが多い。)

・熱が高くなるとともに、ウイルスの排泄量も増えると言われている。

・早期に適切な治療を開始することができれば、数日で熱は下がってくる。

・ただ、熱が下がってからもウイルスは排泄されており、
発症してからの通算で1~5日間は人にうつす可能性が高い時期と言われている。

<学校保健法では>
発症した後5日を経過、かつ解熱した後2日(保育所や幼稚園に通う幼児にあたっては解熱した後3日)を経過するまでは
登校(登園)を控えるよう、定められている。

<働く人々は??>
「学校保健法」のように法律で定められている出勤停止期間のようなものはない。
上記にあるような1~5日間程度は、人にうつしやすい時期であるという認識を持って、
出勤を控えたり、やむを得ない場合は、マスクに咳エチケットなどを心がけよう。
※ただし、お勤めの企業によっては、就業規則等で、
インフルエンザの場合の自宅療養期間等が定められている場合もあるので、確認が必要である。

個人的な点でも、インフルエンザを始めとした、感染症にかかっている時は、体力・抵抗力も低下している。
こじらせてしまいやすい時期でもあり、別の感染症にかかりやすい時期でもある。
(実際、同時期に別の型のインフルエンザに罹ったという話も聞く。)

できるだけインフルエンザの予防接種を受け(アレルギーの方は要注意)、
日ごろは、十分な睡眠などの休養と栄養を摂って体力・抵抗力を養い、
外から帰った際、食事の前には、うがい・手洗いをするなど、
個人個人の予防のための行動は基本であり、とても重要である。

以上、今日はインフルエンザにかかったしまった時の対応についてまとめたが、
インフルエンザの流行のシーズンを控えるこの時期、
今後は別の視点からのお話もしていければと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る