若い世代の過重労働

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

昨日は、『ダンダリン』という、いわゆるブラック企業と
それを取り締まる労働基準監督署のドラマが始まりましたね。

サービス残業や月100時間を超える『過重労働』のあるブラック企業は、
日本でも増え続けていると言われています。

【コラム】ウォール街残酷物語、21歳の死が問う現代の奴隷制度

これは、ロンドンの銀行でインターンをしていた若者が、
長時間労働の末、学生寮で亡くなっているのが発見された・・・ということから、
欧米(特にバンカー)の、インターンの過重労働について書かれたコラムです。

日本ではインターンに過重労働をさせる文化はありませんが、
就職し、体力のある若手社員が長時間勤務を強いられることは多々あります。

コラムの中ではこう書かれています。

【以下、引用】
職場では新人であり、頭角を現そうと一生懸命だからだ。
心配してくれる両親とは、もう一緒に暮らしてはいないし、
家で待っている新しい家族はまだいない。
徹夜でレポートを仕上げ、添付した電子メールの送信ボタンを押した直後に
机の前で眠りこけてしまうような悪い習慣を大学時代に培っている。
そしてしばしば、自分の体力を過信している。

このコラムに書かれている通り、
若いからと言って、徹夜に近い長時間勤務に誰もが耐えられるわけではないのです。

若くて体力があるといっても、
精神疾患による自殺も含めると、日本の過労死の半分は20代・30代の若者です。

長時間勤務は、個人の努力だけでは決してなくなりません!
会社ぐるみで体制を見直さないと、
後々会社を支える若い優秀なスタッフから潰れていってしまいます。

まずは
・長時間労働をさせないこと
・不調者を早期にみつけ、適切な対応(産業医面談・受診・残業の禁止・配置転換など)をすること
・定期的に、メンタルのスクリーニングチェックや面談等を行い、心身のフォローアップを行うこと
が大切です。

私たち産業保健スタッフも、人事担当者や企業のトップの皆様へ
過重労働の危険性を伝え続けたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中村 眞弓

中村 眞弓株式会社ドクタートラスト 保健師

投稿者プロフィール

企業での健康相談や産業保健の経験を生かし、「じっくり聴く・しっかり考える」保健師を目指しています。社員の皆様・人事の皆様と一緒になって企業の健康を支えていけるよう頑張ります。
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 時短勤務でも社保険に加入できる!平成29年4月より、労使合意に基づく社会保険の適用が拡大します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る