秋バテ知ってますか?

晴れた日の青空青空が少し高く見え、朝晩の気温温度計がぐっと涼しくなったり、
すっかり秋になったと感じるようになった。

そんな季節の変わり目の時期、体調を崩される方も多いのではないだろうか?
先日、少し風邪気味かも?と思って立ち寄った内科も、小さなお子さんからお年を召した方まで、
次から次へと患者さんが診察を受けに来ていた。

夏の暑さで、体力や食欲が低下することにより、
疲れやだるさなどの不調が現れる夏バテは皆さんよくご存知だろう。
この夏バテは、一般的に気候が穏やかになり、
過ごしやすくなる秋口になると、自然に症状は回復していく。

近年増えているのが秋バテ

主な原因は、夏に冷房で身体を冷やすことによって起きる、自律神経のバランスの乱れだ。
更に、ここ数年、節電による暑さ対策として、夏場に冷たいものを多く摂ったために起こる内臓冷えが増加している。
内臓(特に胃腸)が冷えることで、全身が冷え、夏バテが長期化、深刻化した結果、
秋になっても疲れやだるさなどが続いてしまう新しいタイプの秋バテが登場してきた。

秋の不調の症状は、「疲労(疲れが取れない)」、「肩こり」、「だるさ・倦怠感」が、5割以上を占めている。
夏に身体を冷やしてしまった結果、全身の血行が悪くなって表れた秋バテ対策には、
身体を温めて全身の血行を良くすること、冷たい食べ物や飲み物で弱ってしまった内臓を労わることが大切だ。

身体を温める
  ぬるめのお湯(38℃~40℃くらい)にゆっくり入って全身を温め、血行を良くしよう。
  血行を促進する炭酸入りの入浴剤を活用すると、ぬるめのお湯でも十分血のめぐりを良くすることができる。

弱った胃腸を労わる
  冷たい飲み物や食べ物、甘い物、そして、水分全般の取り過ぎには注意が必要だ。
  また、腸は副交感神経が優位な状態のときに活発に働くため、アロマやアイマスクなどを上手く使って
  リラックスできるようにしよう。

朝晩は肌寒く日中は暑いなど、寒暖の差が激しい季節だ。
風邪予防のためにも、夏感覚で薄着をして身体を冷やさず、汗をかいたら、汗をかいた場所を
冷える前に拭くようにし、荷物にならないような薄手のストールやジャケット、カーディガンを持ち歩いて、
寒くなったらさっと着れるようにしておくのもオススメだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】休職者、在宅勤務者をサポート「アンリケアサービス」~その魅力と導入の流れ~

  2. 【動画あり】コロナでどう変わった?24万人のストレスチェック結果を1年前と比較してみたら意外な結果が…!

  3. 【動画あり】休職者、在宅勤務者を手厚く支援する「アンリケアサービス」とは?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る