女性の飲酒

先日、来年入社予定の内定者のみなさんの歓迎会がありました。
女性陣はみんな、私と同じぐらいお酒に弱かったです。
皆さんは、お酒はどのぐらい呑みますか?

女性の飲酒

国立がん研究センターと大阪大などの研究チームは、
女性のアルコール摂取量と脳卒中との関係を調べました。

<研究概要>
全国9つの地域に住む40~69歳までの女性4万7,000人を、平均で17年間追跡調査が行われました。
追跡期間中に1,864人が脳卒中を発症し、その内訳は、脳内出血が532人、くも膜下出血が338人、脳梗塞が964人でした。
飲酒習慣がある女性は、飲酒習慣が無い女性に比べて、脳卒中になるリスクが1.55倍高いことが分かりました。
また、1日あたり2合以上のお酒を飲む女性では、
脳卒中のリスクは2.3倍高くなり、脳内出血に限るとリスクは2.85倍に高くなることが明らかになりました。

これまでは、日本人女性を対象にした研究はあまり行われていませんでしたが、
女性の社会進出に伴い、近年では女性の大量飲酒も増えてきていることもあり、
飲酒量と健康に関する研究が行われるようになってきました。

さらに、別の研究では、1日あたり1合のお酒を、
ほぼ毎日飲む女性では、乳がんの発ガンリスクが1.75倍に上昇するという報告もあります。

お酒に対する強さは、個人差がありますが、一般的には女性は男性に比べ、
お酒に弱く、健康への影響も出やすいと言われています。
理由としては、肝臓の大きさの違いや、女性ホルモンの影響などがあるのではないかと考えられています。

ひと昔前までは、晩酌は男性がするもので、
女性は機会飲酒のみの方が多かったようですが、最近では週に3日以上飲酒する女性が15.6%、
毎日飲酒する女性が割合が7.5%程度いると言われています。
ちなみに週に3回、1回1合以上飲酒する人は、飲酒習慣があるとみなされます。

女性が社会進出をする為には、男性と対等であることも大切ですが、何もかもが対等であれば良いわけではありません。
対等であろうとするがために、無理をして大量飲酒で健康を害することが無いようにしなければなりません。

女性らしさを強みに社会でどのように活躍し、
女性ならではの健康管理をどのようにして行っていくかにも、少し目を向けてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  3. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る