インフルエンザ……罹らないために(予防編)

すっかり秋めいてきて、肌寒く感じる日も出てきました。
秋から特に冬は、インフルエンザなどの感染症が流行しやすい時期です。
そんなインフルエンザについて、先日はかかってしまった場合について話しました。
しかし、そうは言っても、罹らないに越したことはないでしょう。
今日は、罹らないための予防・準備に焦点を当ててお話します。

インフルエンザ~予防編~

個人で……
一人ひとりの準備としては、ウイルスに負けない身体を作ることが何よりです。
・ 疲れを溜めない→睡眠をしっかり取り、休養、ストレス解消のためのリフレッシュ。疲れ知らずの身体は免疫力が高いといえます。
・ バランスよく、またしっかりと栄養を摂るなどし、体力を維持することも、免疫力を身に着けることにもつながります。

ウイルスを寄せ付けないための方法
・ 外出や人ごみから帰った時、何かを食べる時、しっかりとガラガラうがい&手洗いをし、喉の粘膜や手についてしまったウイルスを排除しましょう。
・(100%ウイルスの侵入を予防するのは難しいですが)人ごみや不特定多数の人が集まる場所で過ごす、行くことが避けられない場合、マスクを着用しましょう。

環境整備

空気の調整
ウイルスは、乾燥した環境をよく好み、乾燥した環境の下でよく増殖します。冬はエアコンなどの暖房器具類、オフィスでは電気機器からの熱など、ウイルスにとって居心地の良い環境が揃いやすい季節でもあります。
・ 加湿器の使用、濡れタオルを室内にかける、お湯をはった容器をデスクに置く、小さなスプレーを準備し時々シュッと吹くなど、何らかの方法で加湿の工夫をお勧めします。
・ 埃っぽい空気や空気が循環しない環境は、衛生的にも良いとは言えません。寒くても、定期的に換気を心がけてください。

便利な準備物
・外出から帰った時に使用できるよう、手指消毒用品を玄関や入口に準備しておくと便利です。

組織(集団)、家庭で準備できること

体制・情報の整備
・ インフルエンザに罹ってしまった時のことについて、組織(集団)独自の対応について、確認しておき、万が一の場合にも、個々が適切な行動をとることで感染の蔓延を予防してください。
・ 予防接種については、罹らないためのものではない点、副反応の可能性もある点から、個々の判断によります(強制はいけません)が、みんなの意識が同じならば、組織単位で予防接種を受けるのも一考の余地があります。
・ 近隣の医療機関を確認し、情報を整備しておくと役立ちます。

個々も組織もみんなが正しい知識や情報を持って、適切な行動をとることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  2. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る