衛生管理者は、1人いれば大丈夫?

人数にお気を付けください

常時50名をこえる従業員が就労されている事業場では、
衛生管理者の選任が義務付けられています(労働安全衛生法 第十二条第一項)。

では、従業員数に関係なく、1人が選任されていれば問題はないのでしょうか。

Q:現在、約600名の従業員が就労しています。
衛生管理者は1人いるので大丈夫ですよね?

A:問題があります。

労働安全衛生規則の第七条第四項では、次のように定められています。

次の表の上欄に掲げる事業場の規模に応じて、同表の下欄に掲げる数以上の衛生管理者を
選任すること。

つまり、約600名の従業員が働かれているこの事業場では、五百人を超え千人以下の事業場の規模と
なりますので、衛生管理者三人の選任が必要となります。

労働安全衛生法には罰則があり、衛生管理者の選任がなされていない場合には、
【五十万円以下の罰金】が科せられるとありますので、未選任の場合はもちろんのこと、
規定の人数を選任されていない場合にも適用されます。

衛生管理者を選任する際には、人数にもお気をつけください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】「コロナかも」従業員が激増!会社はどう対応する?~コロナが疑われる従業員、休ませた場合の手当は会社が支払うべき?~

  2. 【動画あり】2022年6月施行「改正公益通報者保護法」を専門家がわかりやすく解説!退職者や役員も保護対象になる⁉

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る