筋肉痛の予防と対処法

運動会の季節到来。
次の日につらい筋肉痛に襲われている方も多いのではないか?

Q:なぜ筋肉痛になるの?

主な原因は2つである。

◆筋疲労によるもの
→運動をすると”乳酸”がたまり、この乳酸が筋肉中に蓄積することにより痛みを生じる。

◆筋肉の損傷によるもの
→普段使わない筋肉を急に使うと、筋繊維が損傷し炎症を起こす。

予防方法
筋肉痛の予防は、日ごろからジョギングや適度な運動をし、筋肉を鍛えておくのが理想的である。
とはいっても、なかなかできずに当日を迎えてしまうこともある。
そんな時は、運動前のストレッチが重要になる。
呼吸をしながら、じっくりとのばしていこう。
また、せっかく準備体操をしてもしばらく動かないと、筋肉は冷えてすぐに硬くなってしまう。
いざ、運動をする前にもう一度ストレッチを!!「気合入ってるね」と言われても気にせずに行うこと。

忘れがちですが、運動後のクールダウン&ストレッチ。
運動後は急に休んだりせず、軽いランニングやウォーキングでクールダウンをしよう。
使った筋肉を重点的にストレッチしよう。

筋肉痛の対処方法
基本は、『温 → 冷 → 温』

1.運動後、痛みが出ない間は温める。
2.痛みが発生したら、冷やす。
3.痛みがよくなりはじめたら温める。

「温める」ことで、筋肉組織の血液の循環を促進し、筋肉痛を治すサイクル全般を早める働きをする。

38-40度のぬるめのお湯にゆっくり入るのが効果的である。

筋肉痛と上手につきあって、運動の秋を楽しんでみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

  1. 他人ごとだと思っていませんか?若年性認知症
ページ上部へ戻る