冬の水分補給

夏は、熱中症対策などでせっせと水分補給をするようにどこでも言われていましたが、涼しくなってからというもの、水分補給に対して熱心になる方は少ないように感じます。
人間の体の約60%は水分でできています。
毎日食べ物や飲み物などから2~2.5ℓの水分を摂取し、尿・便・汗などで同じくらいの量の水分を排出しています。
実は、これは季節が変化してもあまり変わらないのです。

冬の水分補給の重要性

水風邪対策に水分補給

風邪対策の王道である、うがい・手洗いに加えて「水分補給」も大事な予防策のひとつ。
風邪やインフルエンザの原因となるウイルスは、乾燥した状態で活発に活動します。
その反面、湿気に弱く、湿度50%以上では急激にウイルスの活動は低下します。
水分補給は、喉や鼻の粘膜を潤してウイルスの侵入を防ぐとともに、侵入したウイルスを痰や鼻水によって体外に排出するのを助けます。
また、風邪を引いたときは、発熱・食欲低下・下痢・嘔吐などの症状により体の水分排出が多くなるため、普段以上にきちんと水分を補給することが大切です。

水脳卒中、心筋梗塞予防に水分補給

冬場には、脳卒中や心筋梗塞の発症が増加します。
寒くなって血圧が上昇することも一因ではあるが、水分補給の影響も大きいです。
汗をかかず、喉の乾きを自覚しにくい冬場は、水分摂取量が少なくなります。
水分摂取量が少ないと、血液の粘度が上がり、いわゆる「ドロドロ」の状態に。
ドロドロ血液によって血管が詰まりやすくなり、結果として脳卒中や心筋梗塞を引き起こす可能性が高くなるのです。
脳卒中、心筋梗塞予防のためにも、冬場も水分補給を意識しましょう。

水忘年会・新年会に水分補給

忘年会や新年会など飲酒の機会が多くなる時期。
お酒を飲むと喉が渇くことは多くの方が経験していると思いますが、アルコールには利尿作用があり、飲酒が過ぎると体は脱水状態となります。
アルコールを飲んだら意識的に水分を補給し、脱水状態を防ぎましょう。
また悪酔い防止のために、飲酒の合間に水分を取ることも効果的です。
一年の疲れをお酒で流すとともに、水分補給も忘れないように気を付けてください。
温かいお茶や好きな飲み物を用意して、忙しい季節も健康に過ごしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】コロナでどう変わった?24万人のストレスチェック結果を1年前と比較してみたら意外な結果が…!

  2. 【動画あり】改正育児・介護休業法の概要と背景を専門家が解説!

  3. 【動画あり】2022年6月施行「改正公益通報者保護法」を専門家がわかりやすく解説!退職者や役員も保護対象になる⁉

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る