心筋梗塞について

めっきり寒くなりましたね・・・。

寒くなると増えるのが心筋梗塞です。

心筋梗塞とは、心臓に酸素や栄養を運んでいる冠動脈が
血栓で完全に閉塞してしまい、
血流がそこで止まるため心筋が壊死してしまった状態です。

なぜ寒くなると心筋梗塞が増えるのでしょうか?

気温が低下すると・・・

体温が低下し過ぎないように血管を収縮させます。

血管が収縮した状態が続くと血液の流れが悪くなり、
硬く狭くなった血管を血液が通るときに血行不全をおこします。
血流を維持するために血圧が上昇し、心筋梗塞が起こりやすくなります。

また、血流が悪くなると心臓はより強い力で全身に血液を送り出そうとするため、
血圧が上昇して血管や脳、心臓に大きな負担をかけてしまう場合もあります。
特に冬場の室内と屋外の急激な温度差は血管や心臓に大きな負担を与えます。

特に注意していただきたいのが、お風呂場とトイレです。

お風呂場
脱衣所は湿気がこもらないために通気の良い場所が多いので、
冬場は冷えていることが多いです。
体が温まり、血管が広がっているのに、冷えた脱衣所に入ることで、
一気に血管が収縮します。
脱衣所を暖房器具などで暖めて、浴室や部屋との温度差を縮めましょう。
一番風呂の人は浴室の温度も上げておくと良いです。

トイレ
暖かい寝床から寒い廊下、トイレへと移動する中で
血圧や脈拍が上昇します。枕元に防寒用の服を用意しておきましょう。
その際、「首」と「足」を冷やさないようにするのがポイントです。
便座の保温器を取り付けるなどして
トイレを暖かくするのも良いでしょう。
また、排便の際にいきみすぎるのも気を付けましょう。
血圧や心拍数が上昇して心臓への負担が大きくなります。

皆様も気をつけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健師

投稿者プロフィール

看護師として病棟勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験、また、現在訪問企業で実施している業務からヒントを得て、皆様が知りたいことをお届けしたいと思います。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、養護教諭一種
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  2. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  3. 【動画あり】休職者、在宅勤務者をサポート「アンリケアサービス」~その魅力と導入の流れ~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る