衛生委員会の議題

従業員数が50名以上の事業場では毎月1回以上開催しなければいけない衛生委員会、その議題に悩まれている担当者の方も多いと聞きます。
衛生委員会の定番の議題は下記のような内容ですが、毎月開催していると、どうしてもマンネリ感が否めないようです。

・ 労災の報告
・ 職場巡視の結果報告
・ 過重労働者の報告(人数、多い部署)
・ 産業医のコメント、ミニ講義

もし衛生委員会の議題がマンネリ化していて困っているようでしたら、少し別の視点から議題を探してみましょう。

「そもそも何のために衛生委員会を実施するのか」を議題として取り入れる

もしかしたら「毎月の開催が義務だから!」と法令遵守だけで頭がいっぱいで、「衛生委員会」の目的がおざなりになっていませんか。
特になぜ衛生委員会を実施するかは、衛生委員会のメンバーのみならず、事業場の従業員にとっても非常に重要なことです。。
何のために自分が衛生委員会に出席するのか、参加者1人ひとりが理解することで、衛生委員会に出席することに対する責任感が生まれます。
年度初めに「衛生委員会としての目標」を議題に取り入れると、一年間の見通しも立ちます。

季節のテーマを議題として取り入れる

冬であればインフルエンザ、夏であれば熱中症と、季節に応じて注意喚起すべき事項がありますよね。
このように時期に応じたテーマを議題として盛り込むのもおすすめです。
たとえばインフルエンザを議題として取り上げるなら、「社内でできる予防」として、物品の購入などもあわせて検討してみましょう。

最新のテーマを議題として取り入れる

昨今話題の「働き方改革」や「生産性向上」、あるいは「ストレスチェックの集団分析結果にもとづく職場環境改善」など、上記でお示しした以外にも衛生委員会の議題は、実はたくさんあります。
とはいえ、前例のないテーマを議題として盛り込むと、どのように進行したらよいのか不安ですよね。
そこでおススメなのは、ドクタートラストの無料メールマガジン「DTニュース」です。
DTニュースでは、衛生委員会の資料を保健師が毎月作成、無料で配信しています。
登録いただくだけで、最新テーマや季節に応じたテーマの資料が毎月お手元に届きます。
そのまま衛生委員会の議題として活用できるので、担当者が準備に要する時間も大幅に削減されます。

登録はどなたでも可能ですので、お気軽にご利用ください。
「DTニュース」のご登録はこちらから。

また、DTニュースで配信している衛生委員会資料のバックナンバーは「衛生委員会ハンドブック」で公開しています。
こちらはご登録不要でどなたでもご活用いただけます。

衛生委員会ハンドブック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  3. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る