快適職場で1年を締めくくりましょう!!

12月、師走に入り、どの企業様も忙しい時期だ。

一人ひとりが多忙な時期は、どうしても職場の雰囲気がギスギスとしてしまいがちである。
職場環境を整えてみんなで気持ち良く1年の締めくくりを迎えてもらえたらと思う。

あいさつで快適な職場

今日は、難しいことではなくちょっとしたことだが、
いろんな企業様で保健師業務をさせていただいてきた経験の中で感じていることから、
職場環境づくりのきっかけとしてのお話しをご提案したい。

みなさんの職場では、出勤したら、どうやって自分の席(持ち場)に着きますか?
「おはようございます」って言えていますか?

それぞれの職場によりますが、最近はこの朝1番の挨拶がしっかりできていないと感じることが増えたように感じる。
なんとなくボソっとつぶやく小ささであったり、
最後まではっきり聞こえなかったり、うつむいたままだったり・・・・。

1番最初の挨拶は1日のスタート、自分が出勤してきたことのアピールでもあり、
仕事へのスイッチだったり、これも一つの仕事ではないかな、と思う。

はっきりと顔を上げて「おはようございます」から始めてみましょう!!

自分からの挨拶と同様に大切なことだと思うのが、挨拶を返すこと。
周りの人は、きちんと顔を見て「おはようございます」と返していますか?
誰かと話をしながら、下を向いたまま、ボソっと返していませんか?

PCに向かって作業をすることが増えた今、
人の顔を見るよりもPC画面を見ている時間の方が長くなっているように感じる。

挨拶を返してあげるという行為は、「あなたの出勤を確認しました」ということになる。
(※もちろん電話の途中や大事なお話の途中はその限りではない)

人と人が会する場ですから、自分から挨拶をする時と同様に、
顔を上げてはっきりと挨拶を返してあげよう。

適度な息抜き

出勤してから退社するまで、ホッとする時間はどれだけあるだろうか?
業務に一生懸命すぎて、一瞬の隙もないまま時間が経っていたなんことないだろうか?
お茶やコーヒーを飲んで、「おいしい」と感じましたか?
誰かと仕事以外の言葉を交わしましたか?

健康診断の項目にもある血圧は、仕事中は通常時より高めになる。
これは仕事モードの時は緊張感などの良くも悪くもストレスを負っている戦闘モードだからである。
ずっと何時間も戦闘モードで過ごすと、心身ともに疲労が高くなる。

トイレに立ったついでに一呼吸おいてみる。
誰かと目が合った時、言葉を交わしてみる。
お茶やコーヒーを飲む時、少し仕事のことを置いて味に集中してみる。

その人がホッとすることなら何でも良いのである。
毎日同じことでなくても良いですから、ホッとする一瞬の時間を持つように心がけてみてはどうだろうか?

いかがでしょうか?
この2つはほんの些細なことである。

一人ひとりがちょっとしたことをしてみるだけで、
一人ひとりのギスギスしたものが除かれたら、
職場全体の環境も少し変わってくるのではないかな、と感じる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る