衛生委員会の決定事項などの周知と議事録保管

Q:衛生委員会は毎月1回以上開催していれば問題ないですよね?

A:開催するだけでは足りません!
衛生委員会で話し合った内容について
(1) 従業員に周知し
(2) 議事録を作成、保管しなければいけません。

衛生委員会内容の周知方法

労働安全衛生規則23条3によれば、衛生委員会で話し合った内容の周知方法は、以下のとおりとされています。

① いつでも見られる場所に掲示する。(掲示板や社内SNSなど)
② 書面にして配布する。
③ CD-ROMなどの電子媒体に記録し、いつでも見られるようにする。

<委員会の会議>
23条 事業者は、安全委員会、衛生委員会又は安全衛生委員会(以下「委員会」という。)を毎月1回以上開催するようにしなければならない。
(中略)
3 事業者は、委員会の開催の都度、遅滞なく、委員会における議事の概要を次に掲げるいずれかの方法によつて労働者に周知させなければならない。
一 常時各作業場の見やすい場所に掲示し、又は備え付けること。
二 書面を労働者に交付すること。
三 磁気テープ、磁気ディスクその他これらに準ずる物に記録し、かつ、各作業場に労働者が当該記録の内容を常時確認できる機器を設置すること。
出所:労働安全衛生規則

議事録の作成、保管方法

また、衛生委員会の議事録作成、保管方法については労働安全衛生規則23条4で以下のとおり定められています。

① 議事で重要な内容に関する記録を作成
② 「3年間保存」する

労働基準監督署の検査では、議事録(3年間分)の提出を必ず求められます。

<委員会の会議>
第23条 事業者は、安全委員会、衛生委員会又は安全衛生委員会(以下「委員会」という。)を毎月1回以上開催するようにしなければならない。
(中略)
4 事業者は、委員会の開催の都度、次に掲げる事項を記録し、これを3年間保存しなければならない。
一 委員会の意見及び当該意見を踏まえて講じた措置の内容
二 前号に掲げるもののほか、委員会における議事で重要なもの
出所:労働安全衛生規則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る