カボチャの栄養素

冬至。1年のうちで一番、昼が短い日です。
冬至といえばゆず湯と南瓜(かぼちゃ)ですね。

なぜ冬至の時にカボチャを食べるかご存知でしょうか?

カボチャに含まれる成分の中で、健康に良いのは、ビタミンA(=βカロチン)です!!
このビタミンAには、粘膜を強くし、免疫力を高める働きがあります。
風邪の流行るこの時期、風邪予防にビタミンAが良いということを昔の人は知っていたのですね。
カボチャのビタミンAは、油と一緒に摂ると吸収が良くなります。
天ぷらや炒め物に使ったり、煮物の場合は少し油を入れると効果的です。
ちなみに、女性に嬉しい効能として、肌荒れ対策も。
体を温める作用も強いので、肌荒れ・冷え症の方が多い女性にはうってつけの食材です。
また、いつもは捨ててしまうカボチャの種。
この種には、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を下げる働きもあります。
種をよく洗って、フライパンで乾煎りして塩を振ると、ナッツのように香ばしく、健康的なおつまみになるそうです!!
私も今度試してみようと思います。
今晩も冷えますが、あったかいお風呂とカボチャで体の中と外から暖かくお過ごしください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中村 眞弓株式会社ドクタートラスト 保健師

投稿者プロフィール

企業での健康相談や産業保健の経験を生かし、「じっくり聴く・しっかり考える」保健師を目指しています。社員の皆様・人事の皆様と一緒になって企業の健康を支えていけるよう頑張ります。
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  2. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る