爪について

今日は爪についてのお話です。

普段じっくり見ることがないと思いますが、
爪は健康状態をうつす鏡です。みなさんの爪はどんな感じでしょうか?

まず、爪とは

爪は毛髪と同様、皮膚が変化したものです。
皮膚の成分のタンパク質が角質化してケラチンという固い繊維タンパク質になっています。

爪は毛髪と皮膚の中間の性質を持っているといえます。

爪は毎日成長しています。
手の爪の場合、健康な人で1日に約0.1ミリ伸び、
爪全体が生まれ変わるのに約半年かかります。

足の爪はもっと遅く、手の爪の2倍近くかかります。

一般に大人より子供の方が、女性より男性の方が伸びるのが早いといわれています。
また、季節的には新陳代謝が活発になる夏が最も早く伸びるようです。

爪で何がわかるか

爪の色 、つやを見れば、現在の健康状態がわかります。
爪が健康な状態とは、ピンク色でつやがある状態です。

また、爪には過去数カ月間の健康状態の記録が残っています。
爪の表面 に縦のすじができることがありますが、これは年をとると表れてくるもので、老化現象です。

みなさんもご自身の爪を観察してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健師

投稿者プロフィール

看護師として病棟勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験、また、現在訪問企業で実施している業務からヒントを得て、皆様が知りたいことをお届けしたいと思います。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、養護教諭一種
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 【動画あり】休職者、在宅勤務者をサポート「アンリケアサービス」~その魅力と導入の流れ~

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る