11月は「テレワーク月間」!活動登録してみよう

11月にはさまざまな「○○月間」が設定されていますが、このうち1つが「テレワーク月間」です。
テレワーク月間は、テレワーク推進フォーラム(総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、学識者、民間事業者等による構成)の提唱により2015年に始まったもので、テレワークの普及推進に向けた広報を集中的に行っています。

テレワーク月間の取り組みとは?

テレワーク推進フォーラムでは、日本テレワーク協会を事務局として、テレワーク月間での活動を産官学連携で推進、実際に取り組んでいる企業や個人を「テレワーク月間サイト」で募集しています。
実際の取り組みとしては「①テレワークを試みている、実践している」、「②テレワークを学んでいる、議論している」、「③テレワークを応援、協力している」の3つから選べます。
どのタイプであっても、登録をすることで自分たちの取り組みを公開、可視化できます。
また、サイトには各種ロゴやポスターも用意されており、こちらは登録なしでも利用可能です。
「まだそこまでの実績はないけれど、今後テレワークを推進するために……」と考えている企業や個人の方は、ポスターの掲出などもおすすめです。

持続可能な成長と実現できる豊かさ

テレワーク月間実行委員会では、テレワークを「持続可能な成長と実現できる豊かさ」を実現できる働き方としています。
以下では、本提案を個人、企業、社会の視点でそれぞれまとめました。

・ 個人視点:一人ひとりのさまざまなライフイベントや価値観を尊重し、可能性をひろげ、持続的に成長できる社会をリード。また、新鮮な発想とチャレンジ精神を持ち、幅広い経験と見識で年齢問わず、誰もが起業しやすい社会を目指す
・ 企業視点:自然災害やシステム障害、公共交通機関のトラブル、また感染症のパンデミック等、有事の場合の社会的リスクが軽減され、安全な業務継続に貢献。また、ITサービスを利活用する事で、個人の能力・スキルが高まり、生産性を向上させる可能性を持っている
・ 社会視点:距離の壁を乗り越えられるため、都市部の交通混雑は緩和され、都市部と地方との取引・交流が活発に。また、地方移住を促し、地方創生にも貢献

さいごに

前述のとおり、テレワーク活動が活発になるほど、個人や会社、ひいては社会全体のもつ可能性が最大限発揮されるといえますね。
「テレワーク月間サイト」には、各企業や個人の活動事例が掲載されています。
これらを参考に、自分たちにできそうな「テレワーク活動」に取り組んでみてはいかがでしょうか。

<参考>
・ テレワーク推進フォーラム「テレワーク月間」
・ 一般社団法人日本テレワーク協会「<11月はテレワーク月間> 2021年度の活動登録受付を始めました。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】「コロナかも」従業員が激増!会社はどう対応する?~コロナが疑われる従業員、休ませた場合の手当は会社が支払うべき?~

  2. 【動画あり】休職者、在宅勤務者をサポート「アンリケアサービス」~その魅力と導入の流れ~

  3. 【動画あり】オミクロン株を正しく知ろう!~重症化しないって本当?マスクは意味ない?~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る