キャリアカウンセラーとは?~実際のカウンセリングの進め方~

キャリアカウンセラーをご存知でしょうか。
キャリアカウンセラーとは、就職や転職、再就職などさまざまなタイミングで、キャリアの課題を抱える相談者にキャリアカウンセリングを行う専門職をいいます。
2016年4月に職業能力開発促進法にキャリアコンサルタントが規定され、国家資格になった背景からもここ近年でますます注目を浴びている職種となり、企業内の人事部門、教育関連部門、人材紹介・派遣会社、就労支援センターなど活躍の場は広がっています。
産業カウンセラーとキャリアカウンセラー、似ているようで違うこの2つのうち、今日はキャリアカウンセラーについてわかりやすく解説します。

キャリアカウンセリングが必要な背景

そもそもなぜ「キャリアカウンセリング」が必要なのでしょうか。
ここ近年で日本の雇用環境は大きな変革を迎えており、個人の仕事観にも変化が現れてきています。
いわゆる「ワークライフバランス」のように、仕事だけでなく余暇、人生の楽しみも重視する考え方や、自分の望む生き方に合わせた職業選択も浸透し始めており、価値観は多様化しつつあります。
このような社会、個人の変化によって、日本では今いろいろな選択の自由が生まれている一方、自らの価値観や職業観、人生観に基づいて、自らでキャリアを築き上げていかなくてはならない背景があります。
それを支援するのがキャリアカウンセリングとなるのです。

キャリアカウンセリングの目的

キャリアカウンセリングの目的は、進路相談、職業相談などで悩んでいる人々を対象に、自己理解を深め、より良い意思決定という形で行動がとれるように援助することです。
つまり進学する、就職する、職場に定着するなどの「具体的目標」を達成することが目的です。
また、上記の目的を達成するためには、産業カウンセラーと同様にクライエントとの信頼関係の構築も求められます。

キャリアカウンセリングの実際の流れ

キャリアカウンセリングは、具体的に次のようなプロセスで進めることがあります。

1. カウンセリングの開始:温かい雰囲気のなかで、クライエントが安心して話ができる信頼関係を築く
2. 問題の把握:来談の目的、何が問題なのかを明確にするために、カウンセラーとクライエントが相互に確認し、その問題の解決のためにクライエントが行動する意思を確認する
3. 目標の設定:解決すべき問題を吟味し、最終目標を決定する
4. 方策の実行:クライエントの悩みや問題解決の阻害要因に気づかせたのち、いくつかの方策を選定し、それぞれの選択肢のメリット、デメリットを比較検討し、一連の行動に組み立てる。選んだ方策を実行する
5. 成果の評価:クライエントにとって方策は適当だったか、成功したか、目標は達成され たか。このケースを終了してよいか。カウンセラーはやるべきことをすべてやったかなどを、カウンセラーとクライエントが相互に評価する
6. カウンセリングとケースの終了:カウンセリングを終了することを決め、 クライエントに伝える。変化と成果を相互に確認する。相互に了解のうえ、カウンセリングを終了する。問題があれば再び戻ってこられることを告げる。カウンセラーは、ケース記録を作成し、整理・保管する
7. カウンセラーの自己評価:カウンセリングの結果がこれでよかったか。 カウンセリングのプロセスにおいて行った支援、方法などはこれでよかったかなどを自己評価して、記録する

最近では、キャリアコンサルタントに求められるスキルとして、基本的な関係構築のスキルだけではなく、積極的なかかわり技法の重要性が強調されるようになっているそうです。
キャリアカウンセリングは産業カウンセラーと違い、明確な目的に向けて支援を行うことから比較的着地点が見えやすいカウンセリングです。
自己理解のためのアセスメントの実施だけではなく、職業理解のための職業情報の提供など具体的な知識が必要ともいえます。
また、目標設定、学習、意思決定、自己管理方策をカウンセリングのなかで重視するとともに、カウンセリングは比較的短期間で行うというところが産業カウンセラーとの大きな違いともいえるでしょう。
働く上で常に考えなくてはいけないキャリア問題、今後より身近な存在として活躍の場も広がると考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

田野優人株式会社ドクタートラスト 産業カウンセラー

投稿者プロフィール

日本の働き方、メンタルヘルスのあり方に不信感を抱き、大学では社会学を専攻。卒業後、健康経営のコンサルタントの道を進むべくドクタートラストへ入社。今まで延べ500社以上の企業へ訪問し、産業保健体制の実態を目の当たりにしてきました。また、産業カウンセラーとしても日々、悩みを抱える方々との面談を行っています。
【保有資格】産業カウンセラー
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る