労働時間の比較(日本と各国)

厚生労働省が取り締まりを強化している「ブラック企業」
昨今、日本では労働問題や就職活動でよく目にし耳にする言葉ではないだろうか。

英語圏では「Sweatshop」、中国語では「血汗工廠」というそうだ

過酷な状況でも働き続けなければならない労働環境はどうやら日本だけではないようである。

さて、今回は世界各国の労働に関するデータをご紹介。

[労働時間・労働時間制度]

一人当たりの平均年間総実労働時間(2011年)

日本は1988年の改正労働基準法により着実に労働時間は減少しており1,728時間
イタリアで1,774時間 アメリカで1,787時間
イギリスで1,625時間 フランスで1,476時間
ドイツで1,413時間 スウェーデンで1,644時間

(『データブック国際労働比較2013』より)

しかし月に100時間以上のサービス残業を強いる企業も決して少なくはない。
日本の年間労働時間は総務省統計局「労働力調査」では2,000時間超えにまで跳ね上がるとも。

平均はあくまで平均であり、データ以上に働かされている人々がいる。
もちろんそれは日本に限定したことではないのだ。

見えないところで強制力を維持し続けているサービス残業の存在は
いざその会社に入ってみないとわからないと思われる。

だからこそ、私たちは「変革の意識」を持ってもらいたいと願っている。

来年4月からはわたしもその一員として正しい労働環境の実現のために力を尽くしていきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冨田さゆり株式会社ドクタートラスト 産業カウンセラー

投稿者プロフィール

ドクタートラストに入社して6年目、多くの民間企業・官公庁の健康管理に関わってきました。産業カウンセラーの資格を取得し、専門知識を深める日々です。対企業、対従業員、健康に働くためのアプローチは多種多様。各々の特性に合わせたアドバイスを心掛けています!
【保有資格】産業カウンセラー
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  3. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る