巻き爪の予防方法

先日、巻き爪の原因について紹介したが、その原因を知ったら、次は予防対策をとることが重要である。

爪は「スクエアカット」に!

爪を切るときは、先端に丸みをもたせる「ラウンドカット」ではなく、先が四角くなる「スクエアカット」にしよう。
爪の先の左右を伸ばすことで、爪が巻きにくくなる。

あまり長すぎると先端が圧迫されて変形を助長してしまうため、白い部分を1ミリ程度残す長さが目安だ。

「靴選び」もポイント!

つま先に負担や圧迫をかけないよう、足に合った靴を履くよう心がけよう。

ヒールの高い靴や先の細いデザインの靴でなくても注意が必要だ。

靴の中で足が遊んでしまうような場合、サイズや形が合っているとはいえない。

巻き爪だけでなく、外反母趾など足の変形の原因にもなるため、普段履いている靴も、この機会に見直してみよう。

また、仕事などでどうしても窮屈な靴を履かなくてはならない場合は、時々靴を脱いで足をマッサージするなどの工夫をし、足先への負担を減らそう。

巻き爪を放置すると、指の肉に爪が食い込み、激しい痛みを伴うだけでなく、巻き込まれた皮膚が化膿してしまうことがある。
巻き爪による足の痛みをかばうことから、不自然な歩き方になり、足首や膝、腰などを痛めてしまうこともある。

そうなる前に、正しいケアを行い、巻き爪を予防しよう。

 

以上の2点に配慮し、これからやってくる梅雨を乗り越え、楽しい夏に向けて爪にも意識を向けてみてはどうだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る