【動画あり】休職者、在宅勤務者をサポート「アンリケアサービス」~その魅力と導入の流れ~

「産業保健新聞」を運営するドクタートラストでは、休職者、在宅勤務者をリモート支援する「アンリケアサービス」を始めました。
今回は「アンリケアサービス」の魅力、そして導入の流れをわかりやすく解説します。

アンリケアサービスの魅力

企業
休職中のあの人は今どんな状況なんだろう、少しは回復したのかな? 様子を確認したいけど、電話やメールはプレッシャーになるかもしれないし、どうしよう

企業
職場復帰する社員の受け入れ体制は休職前と同じで大丈夫かな? また休職することになったらどうしよう……

休職中の従業員の状況を会社側がしっかり把握するのって難しいですよね。
お休みしている方に会社側から連絡をとることには抵抗があるし、もし回復していないのであれば症状を聞きづらく、主治医の診断書1枚で休職者の状態が把握できていると思い込もうとしていませんか?
診断書だけで求職者の状態を判断するのは、大変危険です。
というのも、早期の復職を望む休職者が、主治医へ希望を出すこともあり、診断書の内容と実態に相違がみられる場合が0とは言い切れないためです。
「アンリケアサービス」では、経験豊富な医療の専門職が、休職者の病状をしっかりと把握して企業にお伝えいたします。

アンリケアサービスの目標

アンリケアサービスの目標は、社員を元気にすることで、企業が抱えるリスクをミニマムにすることにあります。
従業員の休職や心身の不調は、企業が抱えるリスクです。
このリスクをできるだけ小さくし、健康に働ける人を増やすことが重要です。

アンリケアサービスの3つの特徴

以下では、アンリケアサービスの3つの特徴をご紹介します。

① 医療職のカウンセリング

医療職が月に3回、カウンセリングを行います。
カウンセリングでは、専門的知見に基づき病状を把握し、適切な療養方法をアドバイスします。
また、面談内容や対象者の状態は、企業の担当者に迅速にご報告いたします。

② 企業側へのアドバイス

対象者への療養方法のアドバイスに加え、企業側にも対象者が再度休職にならないためのポイントや改善点をご提案します。

③ 産業医との密接な連携

産業医とも連携を行い、企業の的確な判断をサポートします。
具体的には、対象者の情報を産業医とも共有、これにより適切な復職の措置や経過観察が実現します。

アンリケアサービスの実施対象者

アンリケアサービスの実施対象者は、会社からは状況が把握しづらい「休職中の社員」や「在宅勤務中の社員」です。

カウンセリング実施者

カウンセリングは、ドクタートラスト在籍の保健師など有資格者が実施します。
具体的には、主に精神科心療内科での相談員経験が豊富な「精神保健福祉士」と「保健師」、さらに年間、数百名を超える方々の特定保健指導を行ったり、運動やダイエットをサポートしている「管理栄養士」が、対象者を支援します。

企業
管理栄養士のカウンセリングですか?あまり聞いたことない気がします

ドクタートラストでは、復職に際し、体重変化や食欲が戻っているか、運動やストレスの解消が上手にできているかを重要視しています。
精神状況は身体の健康があって安定するもの。
管理栄養士が生活の基礎をサポートし、身体面もばっちりフォローしていきます。

カウンセリング方法

精神保健福祉士もしくは保健師が月に2回、管理栄養士が月に1回実施します。
カウンセリングは1回あたりおよそ45分です。

サービス導入と運用の流れ

ここまでアンリケアサービスの魅力をわかりやすくお伝えしてきました。
以下では、実際の導入方法や運用の流れを解説します。

① 対象者の選定とお打ち合わせ

まずサービスの開始に当たって、対象者を選定いただき、お打ち合わせを行います。
対象者の状況をお伺いし、アンリケアサービスが適当かどうか判断いたします。
サービスの適用外であった場合は、別のアプローチをご提案します。

② サービスのお申し込み

サービスが適当と判断された場合、対象者へサービス内容を通知ください。
企業さまからお申込書をメールで送付いただけば、お申込みは完了です。

③ 必要情報の収集

お申込み後、対象者の勤務状況や使用する福利厚生、社内制度などの情報をカウンセラーの共有いただきます。
また、ドクタートラストの産業医と契約いただいている場合は、産業医にもアンリケアサービス開始を報告、情報提供を受けます。

④ 定期面談の開始と経過の観察

必要な情報について共有後、月3回の面談日時を決め、対象者のフォローアップが始まります。
面談ごとに報告書を作成し、状況を企業と産業医に報告いたします。
なお、休職期間は終了期日が決まっていることも多く、期日が近づくと、本人から無理な復職希望が出ることもあります。
無理な復職希望は再度の休職やトラブルとなりやすいため、アンリケアサービスでは対象者の状態について企業・産業医と共にアセスメントのうえ、最善策を検討します。

⑤ 復職成功! サービスの終了

復職後、必要であれば対象者が仕事上の負荷に耐えられそうか、定期面談を実施しながら経過を観察します。
産業医、上司、対象者、アンリケアカウンセラーの意見を勘案し、サービスの終了を決定いたします。

企業
なるほど! 休職などのリスクを完全になくすことは不可能ですが、医療職の方々の力を借りることで限りなく0に近づけていくことはできそうです

「本人や主治医に解決してもらおう」ではなく、企業の生産性に寄与する人材として戻ってきてもらうにはどうすればいいのか、アンリケアサービスを活用して一緒に考えていきましょう!

アンリケアサービスの概要

【目的】休職者、在宅勤務者の生活リズムの継続的なサポート(リモートケアサービス事業)
【対象者】休職者、在宅勤務者でメンタルヘルスの不安な従業員
【基本料】月額27,500円(税込)/人
※10 名以上ご利用の場合は、24,750 円(10% 引き)となります。 詳しくは担当営業までお問合せください。
【サービス提供方法】アンリ相談員による電話やオンラインでの面談(月2回 保健師、精神保健福祉士による面談、月1回 管理栄養士による食事・運動支援)

【アンリケアの詳細・お問合せはこちら】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

産業保健新聞編集部株式会社ドクタートラスト

投稿者プロフィール

「産業保健新聞」は株式会社ドクタートラストが運営しています。
外部メディアの取材協力、執筆依頼も積極的にお引き受けしておりますので、お気軽にお問合せください!
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  2. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  3. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る