「睡活(睡眠活動)」のススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

急に暑くなり、気温が暑いだけでも体力を消耗するこれからの季節。
日中に活動したら、夜はぐっすり眠りたいところです。
寝苦しい夜も増えてきたが、ぐっすり眠れていますか。

たとえ、時間は短くても、質の高い睡眠をとるために行う睡眠活動=睡活。
そのコツをいくつか紹介します。

睡活のコツ

○ 睡眠時間

・ 「○時間寝なくてはいけない」という決まりはありません。
・ 睡眠時間が長い人、短い人がいます。
・ 睡眠時間は季節でも変化します。
・ 年齢が高くなるほど、必要とする睡眠の時間は増えてくることが多いです。

○ 眠るまでの準備

<摂取物編>
・ カフェインを含む、コーヒー、ココア、栄養ドリンク、紅茶、緑茶(カフェインが多い順)などの摂取は、就床4時間前までにしておきましょう。
・ 就床3~4時間前までに食事を終えるのが理想です。
・ 食べ過ぎにはご注意を。(消化に時間がかかるため)

<環境編>

・ 夜は、明る過ぎない照明がおすすめです。
・ 徐々に明るさを落としていくのも良い方法です。
・ (好みに応じて)好きな音楽を流したり、リラックスできる香りを活用しましょう。

<生活編>
・ 適度で、規則的な運動習慣があると熟睡を促進します。
・ 人は、体温の内部の温度を下げることで眠気を引き起こします。
→入浴で体を温め、体温が上がることで、体は下げようとする過程で、ともに眠気を引き起こすのです。
・ 朝、目が覚めたら日光を取り入れましょう(浴びる)。(体内時計をスイッチ)

<休日編>
・ 長く寝床で過ごさないようにしてくださ。(ダラダラしない)
・ 上手な(効率的な)昼寝を活用しましょう。
・ 長過ぎる昼寝は逆効果です。
・ 夕方以降に昼寝してしまうと、夜の睡眠に影響を与えます。
→「15時前まで、20~30分」が適切です。

人が日々の生活で背負っている、いろんな疲れ。
その解消には、まず十分に質の良い睡眠をとることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  3. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る