産業保健に関する書類も電子申請できます

産業保健に関する書類も電子申請できます

企業の人事総務ご担当者や衛生委員会のご担当者からは「テレワーク中、他企業は産業保健活動をどうしているのか」といったお問い合わせをいただきます。
今回はこのうち、産業保健関係の書類が電子申請できる「e-Gov電子申請」についてわかりやすく説明します。

e-Gov電子申請とは

e-Gov電子申請は総務省行政管理局が運営している、さまざまな行政手続をインターネット上で申請・届出をすることができるサービスです。

e-Gov電子申請

行政機関の受付時間に関係なく、24時間365日どこからでも手続が可能なため、テレワークが推奨されている現在、非常に役立ちます。
申請できる手続数も豊富で、本稿執筆時点では厚生労働省管轄で対応しているのは3,379種類です。
e-Gov電子申請を利用するにあたっては、以下3つのアカウントのいずれかを発行する必要があります。

・ e-Govアカウント
・ GビズID
・ Microsoftアカウント

電子申請には認証局の発行する電子署名が求められことが多々あります。
また、各種サービス、操作方法についてわからないときは、以下の窓口に問い合わせてみましょう。

電子政府利用支援センター
電話番号050-3786-2225
(050ビジネスダイヤル)050-3822-3345

産業医の選任届出書や定期健康診断結果報告書等も電子申請可能

e-Gov電子申請では、産業医の選任届出書や健康診断結果報告書の届出も電子申請できます。
e-Gov電子申請内の、手続検索機能から、申請したい、届け出たい書類を検索し、進めていきましょう。
新年度に入り従業員数が増えたことで初めて産業医を選任した事業場は、速やかに選任届出書を提出する必要がありますが、本サービスを活用すれば効率よく手続きが完了します。
また、ストレスチェックの「心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書」も対応しています。

<電子申請可能な例>
・ 就業規則(変更)届
・ 衛生管理者免許(第一種衛生管理者免許、第二種衛生管理者免許の試験合格に係る新規交付申請)
・ 衛生管理者の選任報告

 各行政のサービスや施策の情報も検索可能

e-Gov電子申請内には、行政サービス・施策に関する情報ページが用意されており、各行政の施策などが掲載されているHPがまとめられているため、情報収集にも利用できます。
また、法令検索機能も備わっているので、産業保健に関わる法令も調べられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ドクタートラストニュース

投稿者プロフィール

毎月第4火曜日に、翌月の衛生委員会でお使いいただける季節性に富んだテーマと、労働安全衛生関連の情報をまとめたメールマガジンを配信しています。
【どなたでも無料でご登録いただけます】
「衛生委員会ハンドブック」では、衛生委員会の過去テーマ例など、各種お役立ちコンテンツを提供しています。

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  2. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  3. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る