3人に1人が発症する帯状疱疹とは。ワクチンで予防できるって本当?

3人に1人が発症する帯状疱疹とは?ワクチンで予防できるって本当?

「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」という病名を聞いたことはありますか?
帯状疱疹は、皮膚の痛み・発疹・水疱などを主症状とする病気です。
50歳以上で発症率が増加し、80歳までに日本人のなんと3人に1人が発症すると言われています。
「皮膚がピリピリする」「すごく痛かった」「いつまでも痛みが残る」など、とにかく「痛い」というイメージが強い病気ですが、近年ではワクチンで発症を予防できるようになりました。
今回は、誰でも発症する可能性がある「帯状疱疹」についてわかりやすく解説します。

帯状疱疹と水ぼうそうは同じウイルス

帯状疱疹はウイルスによって引き起こされる病気で、実は「水ぼうそう」と同じウイルスが原因です。
はじめは、皮膚にピリピリと神経痛のような痛みが起こります。
痛みの程度はさまざまで、違和感や痒み程度のものから、針で刺されたように痛むこともあります。
その後水疱を含む赤い発疹が出ますが、多くは体の左右どちらかだけに見られ、帯状に発疹が出るのが特徴です。
3〜4週間で治りますが、痛みが長引き、発疹が消えた後にも痛みが続くことがあるため適切な治療を受ける必要があります。

<帯状疱疹の特徴>
① 初めて感染した時は「水ぼうそう」として発症します
② 水ぼうそうが治った後もウイルスは完全には排除されず、長い間体の中(神経節という場所)に潜んでいます
③ 体内にウイルスがいるものの、普段は免疫の力で活動が抑えられているため発症しません
④ 加齢、ストレス、抗がん剤治療など免疫力が低下すると、ウイルスの活動を抑えられなくなります
⑤ ウイルスが活動し、神経に沿って皮膚まで移動して帯状疱疹を発症します

このように、帯状疱疹は新たにウイルスに感染して発症するのではなく、幼少期に感染した水ぼうそうのウイルスが、長い期間を経て活動を再開した時に発症します。
加齢やストレスのほか、ステロイド(点滴・内服)や抗がん剤、免疫抑制剤の使用など、免疫力が低下したタイミングで発症することが多いです。

帯状疱疹はワクチンで予防する時代に

「水ぼうそうにかかった」と自覚している人以外も、ごく軽度や無症状で感染した場合は気づかないことがあるため、日本人では、成人のおよそ9割で帯状疱疹の原因となるウイルスを持っていると考えられています。
長年、帯状疱疹は発症してから治療していましたが、子供が接種する水痘(水ぼうそう)ワクチンに、帯状疱疹の発症予防効果があるとして、2016年3月に厚生労働省は水痘ワクチンを帯状疱疹予防の目的で50歳以上の成人に接種することを勧めました。
その後2020年になり、帯状疱疹専用の不活化ワクチンが日本でも承認され、接種できるようになりました。
現在日本では上記の2種類のワクチンを帯状疱疹予防として接種することができます。

ワクチンの違い

帯状疱疹予防の目的で50歳以上の成人に接種が勧められている「水痘ワクチン」の特徴は以下のとおりです。

<水痘ワクチンの特徴>
・ 弱毒化ウイルスの生ワクチン
・ 1回接種(効果は10〜15年程度)
・ 費用は6,000〜8,000円くらい
・ 接種5年後の帯状疱疹発症は約50%減

また、2020年になって日本でも承認された帯状疱疹専用の不活化ワクチンの特徴は以下のとおりです。

<帯状疱疹ワクチンの特徴>
・ 不活化ワクチン
・ 2回接種
・ 費用は20,000円/回くらい
・ 発症率は約95%減

水痘ワクチンは長く小児に使われてきたため安全性の観点では安心して接種できると思いますが、帯状疱疹の発症予防効果は約50%です。
接種が1回であることや、費用の面では水痘ワクチンのほうがハードルは低いかもしれませんが、生ワクチンのため免疫が低下している方には接種できません。
一方、帯状疱疹ワクチンは日本での認可からはまだ日が浅いものの、発症予防効果は95%以上と非常に高い効果が期待できます。
間隔をあけて2回接種する必要があるのと、費用の面では高額となります。
接種を考えている方は両方のメリットデメリットを考えた上で医師と相談するのが良いでしょう。

帯状疱疹はうつる? ワクチン以外にできること

「帯状疱疹はうつりますか?」と聞かれることがありますが、帯状疱疹は、元々自分の中に潜んでいたウイルスが再活性化して起こる病気なので、帯状疱疹がそのまま帯状疱疹としてうつることはありません。
ただ、原因となるウイルスは水ぼうそうと同じ「水痘・帯状疱疹ウイルス」であるため、今まで一度も水ぼうそうにかかったことがない人には「水ぼうそう」としてうつる可能性があります。
身近にまだ予防接種をしていない赤ちゃんがいらっしゃる場合には、水ぼうそうとしてうつることがあるので気を付けなくてはなりません。
帯状疱疹ワクチンは、2種類どちらも50歳以上が対象です。
アメリカでは日本より10年ほど早く帯状疱疹ワクチンが導入され、効果が確認されています。
ワクチン以外にできる予防策としては、十分な睡眠や食事、ストレスの軽減など自身の免疫力が落ちないように心がけるしかありませんが、やはり、いつどんなタイミングで発症するかは誰にもわからないというのが現状です。
帯状疱疹がワクチンで予防できることはまだまだ認知されていないので、これを機に一度検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

田中 祥子株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

企業の健康管理室で働いていた経験をさまざまなかたちで皆さまにお届けします。
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  2. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る