衛生管理者になるには

常時50名以上の事業場での衛生管理者選任について、(労働安全衛生法第十二条) 衛生管理者の資格はどうしたら取得出来ますか?

Q:衛生管理者の資格はどうしたら取得出来ますか?

A:財団法人 安全衛生技術試験協会で行われている試験に 合格することで資格を取得することが出来ます。

医師、保健師、薬剤師等の資格を有する方は、申請することで資格が与えられます。 受験資格は下記のとおりです。
なお下記の3つ以外にも複数の受験資格がありますので、こちらからご確認下さい。 ↓ http://www.exam.or.jp/exmn/H_shikaku502.htm
1.大学(短期大学を含む)又は高等専門学校を卒業し、1年以上労働衛生の実務に従事した者
2.高等学校又は中等教育学校(中高一貫教育の学校のこと)を卒業し、3年以上労働衛生の実務に従事した者
3.10年以上労働衛生の実務に従事した者 なお、衛生管理者には第一種と第二種があります。 有害業務や危険な職場(業種が指定されています)の場合、第一種衛生管理者免許が必要です。
それ以外の危険が少ない一般事務所などの職場では、第二種衛生管理者免許を取得すれば問題ございません。
衛生管理者試験の合格率は、 平成23年度で、第一種衛生管理者50.2%、第二種衛生管理者62.2% となっており労働衛生従事されていた方でも、十分な勉強が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る