休職を拒むメンタル不調者への対応

先日、とある企業より、
「メンタル不調の従業員がおり、
休業をするよう打診しているが拒まれている。」
との相談を受けました。

該当の従業員の方は、その後も体調を崩して会社を休むことが多々有る状況で、
会社としては、やはり一度休業してもらい、ゆっくり休養に専念して欲しいとのお話でした。

トラブルを避ける為にも、従業員の方と十分な協議の上、
自主的に休業を申し出てもらうのが最良の方法だと思いますが、
上記のような状況では、どういった対応をすれば良いでしょうか。

この状況を放置し、メンタル不調が悪化した場合、
企業の安全配慮義務違反が問われる可能性も出てきます。

また、このような勤態不良や、不完全労働が続く状況は
周りの従業員の方々にも迷惑・悪影響が生じる可能性も大きいです。

やはり会社から、休職を命じる必要があるでしょう。

従業員に休職を命じるためには、就業規則や労働協約等の根拠が必要になります。
今一度、就業規則の休職規定に、どのいった場合に休職となると記載があるか確認してください。

また休職を命じる際には、ただその旨を伝えるのではなく、
本人や家族に対して、休職期間中の処遇や休職延長制度がある場合にはその手続き、
健康保険の傷病手当金請求手続等の説明なども行うようにしましょう。

従業員が安心して休職できるように、フォローすることも大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】コロナでどう変わった?24万人のストレスチェック結果を1年前と比較してみたら意外な結果が…!

  2. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  3. 【動画あり】「コロナかも」従業員が激増!会社はどう対応する?~コロナが疑われる従業員、休ませた場合の手当は会社が支払うべき?~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る