飲酒と酔い

12月、1月と忘年会、新年会と飲みの席が多い時期がきた。

普段はそんなに飲みには行かない方も、飲みにいく機会が増えているのではないだろうか。

この機会に今一度、飲酒についておさらいしておきたい。

飲酒量(目安)と酔いのレベル

レベル①【爽快期】
 アルコール血中濃度:0.02~0.04%

 ビール中びん(~1本)
 日本酒(~1合)
 ウイスキー・シングル(~2杯)
 
 さわやかな気分になる
 皮膚が赤くなる
 陽気になる
 判断力が少しにぶる

レベル②【ほろ酔い期】
 アルコール血中濃度:0.05~0.10%

 ビール中びん(1~2本)
 日本酒(1~2合)
 ウイスキー・シングル(3杯)
 
 ほろ酔い気分になる
 手の動きが活発になる
 抑制がとれる(理性が失われる)
 体温が上がる
 脈が速くなる

レベル③【酩酊初期】
 アルコール血中濃度:0.11~0.15%

 ビール中びん(3本)
 日本酒(3合)
 ウイスキー・ダブル(3杯)
 
 気が大きくなる
 大声でがなりたてる
 怒りっぽくなる
 立てばふらつく

<脳への影響>
レベル①~③
軽い酩酊状態。
網様体が麻痺すると、理性をつかさどる大脳皮質の活動が低下し、
抑えられていた大脳辺縁系(本能や感情をつかさどる)の活動が活発になります。

レベル④【酩酊期】
 アルコール血中濃度:0.16~0.30%

 ビール中びん(4~6本)
 日本酒(4~6合)
 ウイスキー・ダブル(5杯)

 千鳥足になる
 何度も同じことをしゃべる
 呼吸が速くなる
 吐き気・おう吐がおこる
 
脳への影響
強い酩酊状態
小脳まで麻痺が広がると、運動失調(千鳥足)状態になります。

レベル⑤【泥酔期】
 アルコール血中濃度:0.31~0.40%

 ビール中びん(7~10本)
 日本酒(7合~1升)
 ウイスキー・ボトル(1本)

 まともに立てない
 意識がはっきりしない
 言語がめちゃめちゃになる

<脳への影響>
麻痺
海馬(記憶の中枢)が麻痺すると、今やっていること、起きていることを記憶できない(ブラックアウト)状態になる。

 
レベル⑥【昏睡期】
 血中濃度:0.41~0.50%

 ビール中びん(10本超)
 日本酒(1升超)
 ウイスキー・ボトル(1本超)

 ゆり動かしても起きない
 大小便はたれ流しになる
 呼吸はゆっくりと深い
 死亡
 
<脳への影響>
 麻痺が脳全体に広がると、呼吸中枢(延髄)も危ない状態となり、死にいたる。

上記のように飲酒は脳の機能に大きな影響を与える。
頭がホワホワして楽しいなぁ~っと思っていたのが、実は脳の麻痺から生じていると考えると少し怖い気もする。

基本的にはレベル①が適正飲酒である。
飲みすぎたとしても、レベル③程度で抑えよう。

また、酔いのレベルの出方は、個人差が大きい。
脈が速くなる、立つとふらつく・・・このようなサインが出れば、
これ以上飲酒すると飲みすぎになるという合図だ。
日頃から自分の適正飲酒量を把握しておくことが大切である。

忘年会などイベント飲みの際には、ついついハメをはずして飲みがちですが。。
アルコールの体への影響を考えながら、飲むようにしよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る