「正月病」にならないために

新年あけましておめでとうございます。

この年末年始のお休みは、例年より長めの方が多いようである。
大晦日から夜更かしして、すでに昼夜逆転したりしていないだろうか?

さて、新たな年の幸せを願い、楽しいはずのお正月だが、この時期特有の病気もある。

「正月病」

どんな病気かというと・・・
比較的長く楽しいお休みのあと、仕事や学校へ行くのが億劫になる状態のことである。
仕事初めの前日には、まるで「サザエさん症候群」のように憂鬱な気持ちになるもの。
また、お休みのはずが、逆に疲れを溜めてしまうパターンもある。

何が原因なのか・・・

原因になりやすいものは主に次のようなことである。
・食べ過ぎやお酒の飲みすぎによる胃腸の疲れ
・「食べ過ぎ」自体が、血液をドロドロにしてしまい、疲労からの回復力が低下
・ダラダラ、ぐーたらとした(笑)寝正月から体内時計が乱れることによる疲れ
・帰省や初詣などの外出による体の疲れ

「正月病」にならないために・・・

お休みに入り少し休んだら、次のようなことを心がけてみよう。
・昼間からお酒を飲まないようにする。(飲んでも1杯程度、または連日にならないようにする)
・胃腸の負担にならないものを食べるよう心掛ける。
・常に満腹状態にならないようにする。(ダラダラ食べはしない)
・「朝に起きて(できれば朝日を浴び)、夜には寝る」という生活リズムに戻していく。(3日くらいからを目安に)
・出かける予定は余裕を持ったスケジュールにする。

「お正月休み」というものは、1年間無事に過ごせたこと、新しい1年を迎えられたことに感謝して、
また新しい1年間を頑張るための英気を養うためのお休みと言われている。

もちろん、普段なかなかゆっくり過ごせない家族や遠くにいる親戚などとと過ごす時間も大切である。
その時間が楽しい思い出となるためにも、「正月病」にかからないようにしたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】改正育児・介護休業法の概要と背景を専門家が解説!

  2. 【動画あり】休職者、在宅勤務者をサポート「アンリケアサービス」~その魅力と導入の流れ~

  3. 【動画あり】コロナでどう変わった?24万人のストレスチェック結果を1年前と比較してみたら意外な結果が…!

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る