医師が標榜できる科目について

医師に対する要望についてのご紹介

産業医の先生を選任する際、企業の人事部の方からも医師に対する要望があるかと思う。

「女性の社員が多いので、できれば女医さんがいい」
「職場が工場なので有害物質に詳しい先生に来てもらいたい」
などなど。

また、最近は「メンタル対応が得意な先生が良い」という希望の企業様も増えている。

専門科目

上記のように、選定の際によく話が出てくる項目として、【医師の専門科目】がある。

【医師の専門科目】は医療法にて規定されており、医師は「小児科」「呼吸器内科」「精神科」等を標榜することができる。

実は、この標榜する専門科目ですが、役所へ届出をすれば医師は自由に選択することができる。
(麻酔科のみ、厚生労働大臣の許可が必要)

さらに医師によっては常勤先以外の病院で他科目の経験を積んだり、学会での活動を通じて、一番の専門以外の分野でも対応できるようになり、例えば「小児科」が専門で「呼吸器内科」の分野も対応できますという医師もいる。

近年の産業医では「内科医」で、かつメンタル対応もできる方が増えているので、選任の際には一度お聞きになってみるのが良い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

杉井 将紘株式会社ドクタートラスト 常務取締役

投稿者プロフィール

IT企業に長年従事。その際の労働環境が整備されておらず、訴えても変わらない状況から健康管理会社のドクタートラストへ転職を決意。
畑違いの業界に戸惑いつつも、ITの力を駆使して産業保健業界に一石を投じるべく日々奮闘。
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  2. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  3. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る