ノロウイルスの予防法について

今日から仕事始めの方も多いのではないでしょうか。

さて、先日、ノロウイルスについてお話させていただきましたが、今日はその予防法についてお話したいと思います。

どのような予防法があるのでしょうか?

患者の便や吐物には大量のウイルスが排出されますので、予防のためにも次のことをしっかりと守りましょう。

食事の前やトイレの後などには、石鹸を使い、しっかりと手を洗いましょう。
タオルの共用は避けましょう。

下痢やおう吐等の症状がある方は、食品を直接取り扱う作業をしないようにしましょう。

食品中のウイルスは加熱により感染性をなくすことができます。
食品の中心温度が 85℃ 1分以上になるようにしっかり熱を通して食べましょう。

二次感染を防ぐには?

下痢の症状がなくなっても、便には約1ヶ月程ウイルスの排出が続くと言われています。
便や嘔吐物を処理する際には使い捨ての手袋を使用し、素手で触らないようにしましょう。

残った便や嘔吐物の上にペーパータオルをかぶせ、
その上から50倍~100倍に薄めた市販の塩素系漂白剤を十分浸るように注ぎ、
汚染場所を広げないようにペーパータオルでよく拭きましょう。

ウイルスは乾燥すると空気中に漂い、口に入って感染することがあります。
そのため、便や嘔吐物を乾燥させないことが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健師

投稿者プロフィール

看護師として病棟勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験、また、現在訪問企業で実施している業務からヒントを得て、皆様が知りたいことをお届けしたいと思います。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、養護教諭一種
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

  1. 他人ごとだと思っていませんか?若年性認知症
ページ上部へ戻る