産業医の日程調整の工夫

産業医の訪問日の決め方

50名以上の従業員がいる会社で、頻繁に産業医面談の必要がある企業は「先生はなるべくフレキシブルに来て頂く方が助かる」という傾向があるようだ。

しかしながら、衛生委員会も月1回開催する必要があり、産業医も参加するべきとなっていることから、その点では日程を固定化していた方が望ましい。

第○週の×曜日 △△:△△~△△:△△

と決めておくと明確である。

日程が固定化していないければ、産業医の訪問日に合わせて、毎月全関係者に委員会の日程調整をかけていくことになり、運営上煩雑になってしまう。

もちろん衛生委員会のためだけでは時間が余ることがあるので、残った時間は面談を行っていただいたり健診結果を見ていただくことができる。

もし、固定化した日以外で相談者が発生すれば、改めて産業医の方にもう一日来ていただくのが良いだろう。

また、上記のように決まった曜日時間に訪問が厳しい場合は、予め一年間の訪問スケジュールを立てておくと調整がとてもやりやすくなる。

折角費用をかけているので、時間の調整が付かずに「訪問してもらえなかった」「面談してもらえなかった」となるよりかは、上記のようなちょっとした工夫で訪問が可能になる方が望ましい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
杉井 将紘

杉井 将紘株式会社ドクタートラスト 常務取締役

投稿者プロフィール

IT企業に長年従事。その際の労働環境が整備されておらず、訴えても変わらない状況から健康管理会社のドクタートラストへ転職を決意。
畑違いの業界に戸惑いつつも、ITの力を駆使して産業保健業界に一石を投じるべく日々奮闘。
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  2. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る