スポーツ大会は労災に含まれるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ケーススタディー:スポーツ大会での労災

Q. 社内のスポーツ大会で競技に参加をしていた社員がケガをました。
  労災になりますか?

A. 下記の事例が当てはまる場合は労災と認定されます。
1.事業主が主催していること
2.定期的に実施されるものであること
3.「業務命令」による全員参加が建前であること
4.出場については通常どおりの出席と同様に扱われ、
  出場しないものには、何らかの措置がとられること
5.当日の賃金が支払われること

労災と認定されるケースについて

たとえスポーツ大会や、パーティーのようなものであっても、
そのときに給与が発生し、休むことで欠席と同じ扱いを受ける場合、
それは「業務」とみなされることがあります。

その中で、上長の指示の元、就業していたと判断される中起こった場合は
労災として扱われることがあります。

これからの時期、熱中症等も発生しやすく、
業務時間内に事故が発生するケースも出てくるかと思います。
恒例行事中の出来事であっても、労災になります。
普段とは違う行動をとる際には、いつも以上の注意を払うようお勧めいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 定期健康診断結果報告書 記入にあたっての注意事項

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る