労災のケースを検索する方法

Q。同業他社でどのような労災が起きているか知る方法はありますか?

A。職場のあんぜんサイトにて様々な労災ケースを調べることが出来ます。

労災のケーススタディー

先日弊社にご登録いただいている医師の方から
「勤務先の安全衛生委員会での意識共有の為、同業他社で起きた労災について教えてほしい」
との連絡がありました。

以前勤務されていた工場では、グループ会社や親会社子会社の労災事故の共有、
またケーススタディーを元に話をすることで、意識や危機意識の共有を図る必要があるとの事でした。

労災は様々な原因によって発生します。
そして工事の際の高所落下や、鋭利な道具・機械の取り扱いなど
同業他社とは言え、考えられるケースも多岐にわたります。
親会社子会社といった自社内での事例であれば、確かに状況も酷似しており、
参考にしやすい事例も多いかとは思いますが、
使っている機械ひとつによっても予防的観点では注意するポイントが変わってきます。

そこで参考になるのがこういったサイトになります。

職場のあんぜんサイト
http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzen_pg/SAI_FND.aspx

労災を知ることで、未然に防ぐことができる。

厚生省が作成している『職場のあんぜんサイト』というものがあります。
働く人の安全を守るために、有用な情報の発信。職場の安全活動の応援を行いサイトとの事で、
こちらのサイトに2300件以上の労災事故が掲載されています。
かなり細分化して掲載されている為、検索もかなりしやすいです。

こういったもので、どういった事故が想定されるのか、
常に備えることで、事故を未然に防ぐことが出来るかもしれません。

是非ご自身の企業で起こるかもしれない事例を検索してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  2. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る