ランニングの始め方

こんばんは、今日は東京マラソンでしたね!

東京マラソン

テレビ中継を見ながら、来年の出場を目指して練習を始めてみるか・・・と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今日は、そんなランニング初心者の方が、体を害することなくランニングをスタートするための注意点をご紹介します。

3つのポイント

1.徐々に距離・速度を伸ばしていく
物足りないと思うかもしれませんが、最初は30分程度からスタートしましょう。

2.ウォームアップ・クールダウンをきちんと行う
ランニング前のストレッチや膝の屈伸運動をきちんと行うことで、膝を痛めないように走ることが出来ます。
また、走り終わってすぐにランニング終了・・・ではなく、しばらくウォーキングをして心拍を元通りに戻し、最後にストレッチをして終了します。

3.雨の日など気候が悪い日や体調が悪い日は無理をしない
真面目な方ほど、毎日続けようと頑張りすぎて、結果的に挫折してしまいがちです。
最初は週に2,3日走れれば充分です!ゆったりペースを心がけ、長く続けることを目指しましょう。
また、目標が「来年の東京マラソン」・・・では、1年間のモチベーションを保つのが難しいですね。

東京マラソン以外にも、全国で様々なマラソン大会が開催されています。
距離も2km、5km、10km、ハーフ~フルマラソンまでバラエティに富んでいますので、もう少し近い日程で短い距離のマラソン大会にエントリーしてみるのも良いですね。
何事も、「やってみたいな。」と思った時が始め時です。
春に向けて、お天気がいい日から是非ランニングをスタートしてみてください!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中村 眞弓

中村 眞弓株式会社ドクタートラスト 保健師

投稿者プロフィール

企業での健康相談や産業保健の経験を生かし、「じっくり聴く・しっかり考える」保健師を目指しています。社員の皆様・人事の皆様と一緒になって企業の健康を支えていけるよう頑張ります。
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  2. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る