産業保健師とは

産業保健師・産業看護師とは

A. 企業で働く労働者の健康管理を行う看護師・保健師です。

多くは、大企業の健康組合や、企業の保健センター・医務室などに勤務しています。
産業看護師は、看護師資格を持っており、看護学・健康科学の他、基本的な医学の知識を持っています。

産業保健師は、看護師資格を持った方の中から、更に保健師国家試験を受け、保健師資格を取得しています。
疾病の予防、健康水準の維持と増進についての知識も持っています。

また、保健師は第一種衛生管理者の資格取得者も多いです。
とても力強い存在ですね!

産業保健師・産業看護師の具体的な業務

健康診断の事後措置や、産業医との面談の事前面談などがあります。

健康診断の事後措置については、厚生労働省のガイドラインにもあるとおり、産業医や保健師等の産業保健業務従事者に行わせることが望ましいとされています。
健康診断結果の事後措置について、産業医には過重労働やメンタルヘルスの面談などに集中して貰いたい場合もあるかと思います。
その際は、産業保健師と分担することが可能です。

「産業医と面談させるほどでもないけど、ちょっと気になるな、放っておくのは心配だな・・・」という方は、社内にいらっしゃいませんか。
企業の人事担当者様だけでは判断しかねる場合は、保健師の面談をご活用ください。
もし、その社員の方が産業医面談が必要になった場合も、保健師による情報の蓄積があるため以後の面談がスムーズになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  2. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る