10人に1人と言われる産後うつ

マタニティブルーズと産後うつ

産後は身体的負担が大きく、また、赤ちゃんが泣き止まないなど、とても慌ただしい毎日となり「想像していたものと違う」とギャップに苦しむ方が多くいます。
今回は、最近よく聞く「マタニティブルーズ」と「産後うつ」について見ていきましょう。

◎マタニティブルーズ

マタニティブルーズとは、産後3日目くらいからはじまり10日ほどすれば落ち着くものをいいます。
症状としては、気分の揺れ、不安、涙もろくなる、食欲不振などの心の状態で、ホルモンの急激な変化によって起こります。
発症率は15~30%といわれており、高確率でかかります。
しかし、多くの場合は10日ほどで落ち着き、治療は必要としません。

◎産後うつ

産後うつとは、産後ひどく憂鬱な気分になり、何に対しても興味や喜びを感じないような状態が2週間以上続く状態をいいます。
産後2~3週から6か月くらいの頃に発症することが多いですが、産後1年以内であればいつでも起こる可能性があります。
発症率は10~15%で、「赤ちゃんをかわいいと思えない」「母親失格だと思う」「家事や育児をする気がまったくおきない」等の症状がみられることが多いです。
また、産後うつはマタニティブルーズと違い、治療を必要とします。

産後うつになりやすい人の傾向

産後うつになりやすい人の傾向としては、以下が挙げられます。

・切迫流早産であるなど、難産など出産が順調にいかなかった
・完璧主義
・妊娠期間中や出産直後に転勤や人事異動、職場復帰などの人生の大きな転機があった
・妊娠中仕事のストレスが増した
・望まない妊娠であった
・協力者がいない

以上のように、産後うつには、妊娠中からの環境が大いに影響することが分かります。
見方をかえれば、産後うつは周囲のサポートがあれば予防・軽減・改善できるものなのです。

赤ちゃんが泣き止まない時

産後の悩みで多いのが「赤ちゃんが泣き止まない」ということです。
赤ちゃんは生後1~2か月に泣きのピークがあるとされています。
その時の泣きは何をやっても泣き止まないことが多いです。
赤ちゃんが泣いたら、以下の①、②の手順で行ってください。

① 赤ちゃんが欲しがっていると思うものを確かめる
(抱っこ、おむつを替える、母乳・ミルクをあげるなど)
② 赤ちゃんがママのお腹の中にいた状態を作ってあげる
・おくるみで包んであげる
・「シー」という音を聞かせる(実際に声に出して「シー」と言う)
・ビニール袋をクシャクシャさせる
・ドライブに行くなど、心地よい振動をあたえる

どうしても赤ちゃんが泣き止まない…!

上記①、②の手順で進めても、どうしても赤ちゃんが泣き止まないことがあると思います。
問題はありません。
そんなときは以下を試してみてください。
・赤ちゃんを安全な場所に寝かせて、赤ちゃんから離れましょう。
・そして自分がリラックスしましょう。(温かいものを飲む、友人と電話をする等)
・少ししたら戻って赤ちゃんの様子を確認しましょう。
・協力者がいる場合は赤ちゃんのお世話を任せましょう。

大切なのは、産後の母親は大きなダメージを体に受けているということを周囲が理解することです。
そして、誰しもが産後うつとなる可能性があるということを理解し、社会全体でサポートできるようにすることです。
何より、一緒に生活をしている家族のサポートは欠かせません。
また、育児をしている先輩ママに事前に相談するのもいいでしょう。
一人で抱え込む必要はありません。
ぜひ周囲を巻き込んだ子育てを考えてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ドクタートラストニュース

投稿者プロフィール

毎月第4火曜日に、翌月の衛生委員会でお使いいただける季節性に富んだテーマと、労働安全衛生関連の情報をまとめたメールマガジンを配信しています。
【どなたでも無料でご登録いただけます】
「衛生委員会ハンドブック」では、衛生委員会の過去テーマ例など、各種お役立ちコンテンツを提供しています。

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る