ポリフェノールの作用

健康についてのニュースを見ていると、「ポリフェノール」という言葉を目にする機会が多い。
今回の内容は、そんなポリフェノールの作用についてである。

ポリフェノールとは

植物の苦味や渋味、色素の成分となっている化合物の名称で、
活性酸素を除去する作用(抗酸化作用)を持つ成分のことである。

活性酸素とは、人間の体内に存在している物質で、外界から侵入してくる最近やウイルスを撃退する役目がある。
しかし、ストレスや喫煙、紫外線などの要因によって必要以上に体内で増加すると、老化や生活習慣病の原因となると言われている。

ポリフェノールが持つ抗酸化作用には、そんな活性酸素を除去する効果があり、生活習慣病の予防にも効果があるといわれている。

ポリフェノールには、アントシアニンやイソフラボン、カテキンなど多くの種類があり、生活習慣病予防に効果があるものや、目に良いものなど、それぞれ効果が異なる。

また、ポリフェノールは水に溶けやすい成分であるため、摂取してから比較的短時間で抗酸化作用を発揮するとされている。
しかし、その効果は長時間持続せず、毎日継続的に摂取すると効果的である。

ワインにもポリフェノールはたくさん含まれており、心臓病をはじめとする循環器疾患の予防に効果を発揮する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】休職者、在宅勤務者をサポート「アンリケアサービス」~その魅力と導入の流れ~

  2. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  3. 【動画あり】休職者、在宅勤務者を手厚く支援する「アンリケアサービス」とは?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る