食べているものを知ろう

連休が終わり、5月6月頃から健診が始まる企業も多いと思います。
今年こそは健康診断の前に痩せたい!
と言う方も多いのではないでしょうか。

食べてないのに…

保健指導の際によく耳にするのが
「そんなに食べていないと思うんですが・・・」という言葉。
代謝の違いによって、同じ量を食べていても
太りやすい人・太りにくい人がいるのは確かです。

しかし、「食べていないのに太る」ということは基本的にありませんので
そんな時は、できれば1週間、どうしてもダメなら1日でもいいので
普段と変わらない生活をしながら食べたもの・飲んだものを全部書き出してみましょう!
と提案しています。

「そんなに食べていないんだけど・・・」と思っている方でも、
例えば食事以外に食べたおやつや飲み物、
甘いコーヒーや紅茶などを含めずに考えている方も多いのです。

そして、口にしたもの全部を書き出すと
思っていた以上にたくさんの物を摂取していることが分かります!

飲み物やちょっとしたお菓子にもカロリーがあり、そういったものを習慣的に摂取している方は
間食の習慣を見直したり、内容を考え直すきっかけになります!

減量の第一歩は、まず自分の状態を知ることから始まります。

自分の体重、食事の内容、食事の量、どれも基本的なことですが
視覚化することの効果は侮れませんよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

田中 祥子株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

企業の健康管理室で働いていた経験をさまざまなかたちで皆さまにお届けします。
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る