休日の過ごし方【趣味編】

休日の過ごし方を尋ねる意味

「休日はどのように過ごしていますか?」
これは、保健師面談のときによく尋ねる質問です。
休日の過ごし方を尋ねることによって、その人のことを一早く知ることができるからです。

「家にいることが多いです」⇒インドアタイプの人なんだな。一人暮らしかな?人とは会わないのかな?
「ほとんど寝ています」⇒疲れているのかな。普段の睡眠はどうなんだろう?
「○○をしたり、△△をしたり、××をするようにしています」⇒多趣味でアクティブな人なんだな。話が広がりそう。
「その時によってさまざまですけど…」⇒自分のことをあまり話したがらない人なのかな。

この質問によって、その後の質問内容が変わったり、会話が広がったりすることもあります。
そのため、仕事内容尋ねるのと同じくらい、休日の過ごし方は大切な情報源なのです。

あなたが休日にしていることが、人生の差になる

このような言葉を聞いたことがあります。
平日は、学生であれば学校があり、社会人であれば会社があり、勉強や仕事をしています。
社会による強制力があるため、実は意外に差は大きくありません。
一方、休日には強制力がなく、どんな過ごし方でも自由です。
自由だからこそ、どんなふうに過ごすか、人によって差が大きいのです。

休日に勉強すれば、知力で一歩差がつきます。
休日にジョギングをすれば、体力で一歩差がつきます。
休日においしいものを食べれば、気力で一歩差がつきます。
休日こそ、自分にとって有意義な時間を送りたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
高橋 さなえ

高橋 さなえ株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

会社員時代に産業保健に興味を持ち、保健師になりました。
企業勤めの経験を活かし、はたらく人にとって身近なテーマを発信させていただきます!

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  2. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  3. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る