健康な人が増える!?

先日、日本人間ドック学会の新基準が公表されました。
血圧やBMI、コレステロールなどの基準値が大きく変わり、性別や年齢によっても基準が変わっています。

特に血圧やコレステロール値においては、
随分緩和された印象があり「正常」に入る方の人数がかなり増えると思われます。

血圧とコレステロール

血圧
147/94mmHg以下
LDLコレステロール
【男性】 178mg/dl以下
【女性】 152mg/dl以下(30~44歳)
183mg/dl以下(45~64歳)
190mg/dl以下(65~80歳)

となっていますがこの中でも特にLDLコレステロールの項目で女性の45歳以上に関しては、
今までの基準から考えると「これでいいの?」と思ってしまうくらい緩い値になったと思います。
この基準値がメディアで流れて以降何人かの方が「今血圧の薬を飲んでいるけど、やめてみようかな?」
「コレステロールは正常範囲に入るから薬をやめたい」とお話されるのを耳にしました。

また、企業独自に健康診断事後措置の基準を設けている場合も、
今後の基準値をどうするか悩んでいらっしゃると思います!
この新しい基準値には注意が必要で、「健康な人」を対象にしているということ!

持病のある方や薬物治療をしている方、喫煙している方を除いて調査・分析を行った結果出された基準値なのです。
さらにこの基準値の導入時期についても未定のようです。
あくまで人間ドックにおける、その時点で健康な方に対する基準値ですので、
例えば日本高血圧学会や日本動脈硬化学会などは現時点で基準値を変更していません。
私たちや企業にとっては複数の基準値が存在するというのは混乱する要因の一つになりますが、
慌てて対応せず、まずはこの基準が実際に試行されるかどうかを待つのが良いと思います。

現在高血圧や高脂血症で治療されている方も、自己判断せずに気になる方は担当の医師に必ず相談するようにしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

田中 祥子株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

企業の健康管理室で働いていた経験をさまざまなかたちで皆さまにお届けします。
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る